治るチャンスと治るきっかけ:気づくのは、あなた次第

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

治るきっかけ。
探してばかりいませんか?

きっかけがあれば、
すぐに回復するんじゃないか。

家にいると、きっかけが無いから、
なかなか変われないんじゃないか。

私は、どちらも違うと思っています。

実は、治るきっかけや治るチャンスは、毎日のように転がっているからです。

先日、阪神淡路大震災から23年経ちました。
そのニュースやイベントの話題は、TVで繰り返し放送されていました。

幼い頃に、両親を亡くした子。
生き残った後悔。

いろんな想いが、インタヴューで語られる中で、「生きていること」のすばらしさを改めて教えられました。

当時、私は中学1年生。

名古屋も地震を感じたと思いますが、
それほどひどくなく、ニュースで地震による火災の映像が流れていたことを今も記憶しています。

当時感じた気持ち
今感じる気持ち

いろんな想いが重なって、
「生きている」ことが、当たり前になり過ぎている日々。

そんな反省と共に、
震災の大きさを改めて痛感しながら、涙があふれてきました。

こうしたTVのニュースも、実は、摂食障害が治るきっかけになり得るのです。

食べることのありがたさ
食べ物があるありがたさ
暖かい場所に居られるありがたさ・・・etc.

だから、「ちゃんと治ろう」。

そう思えるなら、TVのニュースも「治るきっかけ」としてあなたの中に活かされていきます。

でも・・・

同じニュースを観ながら、何も感じなかったり、
「治るきっかけ」をだれかが持ってきてくれると勘違いしていたり、
きっかけを、何もせずに待ち続けていたり・・・

そんなふうに過ごしていたら、摂食障害が治ることなんて、ずーっと別次元の話なのです。

きっかけは、「これが、きっかけです」なんて書いてありません。
治るチャンスは、「これが最後のチャンスです」と教えてくれません。

あなたが、あなたのために気づいていくしかないのですから^^
年4回だけのチャンス、手に入れるためと動いていますか?