「嫌われることも先生の仕事」。カウンセラーという仕事の共通点

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

大好きなテレビ番組の1つ、「セブンルール」。
先日の放送は、バブリーダンスの生みの親、akaneさんでした。

25歳にしてダンス部コーチ、全国優勝に導いた方です。

その中で印象的だった言葉。

嫌われることも先生の仕事。

「愛」でしかないですよ ほんまに
そんな生半可な気持ちでは絶対ない

ジーンときました。。。

本気の言葉
本気の姿
そして、本気の「愛」。

カウンセリングにも通じます。

表面的に、なんとなく話をしていくことは、
とてもカンタンなことです。

なんでも「いいよ」と言い、
なんでも「そうだね」と同調し、
なんでもお喋りしていれば、

カウンセリングとは、とっても楽な仕事です。
でも、そんなやり方では、摂食障害の回復は無いと思っています。

摂食障害が回復していかなければ、
「やりたいことをやる人生」がホントの意味で手に入らないのです。

私は、クライアント様一人ひとりに、「やりたいことをやる人生」を手に入れていって欲しいと本気で思っています。

だから、時にはハッキリ言います。
ストレートに言うことが必要な時もあるから。

だから、時には何も言いません。
自分で気づくまで、時間をかけることに意味があるから。

一時的な「楽な仕事」のやり方のほうが、
「嫌われること」は無いかもしれません。

でも、上記のakaneさんの言葉を借りれば、
「嫌われることもカウンセラーの仕事」だと思っています。

いつか、分かる日が来ることを信じて。
いつか、「大変だったけど、治ってよかった」と笑える日が来ることを信じて。

嫌われる覚悟さえ持って、あなたの回復を応援しているのです!
摂食障害専門カウンセリングの詳細は、こちらです。
新規カウンセリング受付、まもなく締切です!