どんな気持ちで食べていますか?「痩せる食べ物」の束縛

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

何を食べたらいいんだろう?
痩せる食べ物
太らない食べ方
「コレを食べて痩せた!」

そんなことばかり検索して、ずーーーっと同じ悩みを抱えていませんか?

もし、食べ物だけを変えて、あなたの摂食障害が治るのなら、そんなにカンタンなことはありません。
食べ物だけの変更で変わるなら、そもそもカウンセリングなんて必要ないのです。

食べ物以上に大切なこと。
それは「どんな気持ちで食べるか」です。

食べたい!と思った時に、食べていますか?
食べたい!と思ったモノを、選べていますか?

とてもよくあるのが・・・

食べたいのかどうか分からないけど、食べてしまう。
疲れて寝ればいいのに、なぜか食べてしまう。
「痩せる」と聞いたから、好きでもない食べ物を食べてしまう。
「低カロリーだから」が食べ物を選ぶ理由になってしまう。
高いものは買ってはいけない、と思うから、値引きシールのものしか選べない・・etc.

いかがですか?
きっと、どれか1つは当てはまりますよね??

摂食障害が治るためには、
行動以上に、心を変えることです。

心が納得していないことに取り組むのは、ストレスにつながります。
心を無視して、取り組み続けると、ますます心が苦しくなってしまいます。

だから、心。

心を変えるとは、
何かに取り組む時の「気持ち」が変わることです。

イヤイヤやっている自分に気づいたら、ぜひ立ち止まってください。
無理やり食べている自分に気づいたら、ちょっと深呼吸でもしてみてください。
「こんなに頑張っているのに痩せない!」と思ったら、勇気を出して、「頑張ること」を辞めてみてください。

食べていい
食べても大丈夫。

私は、そんな想いをぎゅっと込めました。
毎日のブログよりもオススメの物。