拒食症が治るために絶対必要な存在

名古屋市・刈谷市
拒食症の母娘が笑顔になるカウンセリング
中村綾子です。

メルマガのバックナンバーです。
ご登録は、こちら。

私が大学院の修士論文に落ちた時、多くの人は、なぐさめの言葉をくれました。

けれど、たった1人、本気で言ってくれた人がいます。

・・・・・・・

そんなのに負けたら、打ちのめされたら、私から言わせるとアマチュアだね。

プロフェッショナルの精神であるなら、乗り越えなさい!!

・・・・・・・・

ものすごく痛かったです。

14歳の頃から恩師だと思ってきた人に、怒り、恨み、
「先生なんて、分かってない!」と泣きました。

けれど・・・
やっぱり、私の『恩師』だったのです。

かつての生徒を、ここまで本気で叱ってくれる人。
私が成功しても、失敗しても、何のメリットもないのに、本気で接してくれる人。

当時は、痛い言葉でしかなかったけれど、やっぱり嬉しかったんです。

本気で接してくれる人の存在が。

そうした経験してきたからこそ、今の私があるのです。

カウンセリングでは、時に、ものすごい直球の言葉を投げかけることがあります。

「このままで、ホントに治ると思っているの?!」

理由はただ1つ。
私は、あなたに治ってほしいから。

あきらかな低体重がずっと続いている時、私は心底、心配しています。

このまま、命の灯火が消えてしまうんじゃないか。
帰り道、死んじゃうんじゃないか。
誰にも見つからない場所で、冷たくなっているんじゃないか。
もう会えないんじゃないか・・・etc.

私があなたに、「食べさせる」ことは出来ません。
私はあなたの身体を、拘束することはできません。

けれど・・・

あなたの心と本気でぶつかることは、出来るのです。

これまで、誰にも言われたことのない言葉かもしれません。

「〇〇ちゃんは、頑張っているんだから」。

「〇〇ちゃんって、すごく少食だよね」。

そう言って、周りの人たちは、いつの間にか、あなたと距離を置いていたのかもしれません。

けれど、それらは、本当の優しさでしょうか?
あなたの将来を、本気で考えた上での言葉でしょうか?

違いますよね。

周りの人たちは、ラクな道を選んできたのです。
周りの人たちは、「避ける」ことでしか、接する方法が分からなかったのです。

私は、全く同じでは無いけれど、拒食症でした。

最低体重33.8kg(身長158cm)。

自分の身体を鏡でみると、丸いはずのお尻がへこんでいました。

このままでは、『命』が消えてしまう・・・。
拒食症になって、初めて恐怖がこみ上げてきました。

その経験があるからこそ、あなたに、お伝えしたいのです。

心は、向き合うことでしか治らないこと。
体重だけで「治った」と決めつけられてしまうリスク。
摂食障害で失う周りからの信頼・・・etc.

私は、せっかく出会えたあなたに、「治る道」を歩んでほしいのです。

摂食障害によって、あなたの大切な人生を棒に振ってほしくないのです。

もう1度、こちらの記事をどうぞ。