カロリー計算から逃れるにはどうすればいいですか?

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

カロリーが少ないほうを選んで
ホントは食べたくないのに
ホントは好きじゃないのに

低カロリーのほうがイイ気がして
カロリーが悪者に見えて

食べ物のカロリーをどんどん覚えていくうちに
何も調べずに、計算できるようになってしまう。。。
diet-861173_640
摂食障害の方の多くに
当てはまるところがあるのではないでしょうか?

今回のご質問をご紹介します。

*ブログ回答は、私の個人的な経験とカウンセリング方針に基づいています。
*全ての方に当てはまるとは限りませんので、予めご了承ください。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

カロリー計算から逃れるにはどうすればいいですか?

ご質問をありがとうございます。

私がカロリーに1番ビクビクしていたのは、
拒食真っ最中の頃よりも
過食が止まらなくなっていった時期かと思います。

食べたものを全部記録して
食べたもののカロリーを計算して

でも、あまりにも過食がすごくて
計算することで、さらなるストレスを生んでいました。

今回は、私がカロリー計算を辞めた理由と共に、
以下の3つから考えていきます。
=======================

1.カロリーは必要だけど、全てじゃない

2.私が、カロリー計算を辞めても激太りしなかった理由

3.ダイエット食品から、『本物の食』へ

=================================

1.カロリーは必要だけど、全てじゃない

カロリーは、必要なものですよね^^

摂取カロリーと消費カロリーのバランスで
太ったり痩せたりするのは、事実です。

でも、あなたは、カロリーを食べているのでしょうか?

カロリーを食べて
カロリーを消費して
カロリーが溜まって
カロリーにビクビクして
カロリーに振り回されて・・・etc.

疲れ切っていませんか?

カロリーって数字なのに
カロリーって、人が作り出したものなのに
そのカロリーに、一喜一憂して、あなたの世界が作られてしまう。。。

私は、カロリーは必要だけれど、
カロリーが全てじゃないと思っています。

同じカロリーでも
温かいココアと冷たいアイスクリームなら、
今の時期、身体へのダメージが大きいのはアイスクリームですよね^^;;

同じカロリーでも、
野菜ばかりでお腹を膨らませることと
バランス定食で栄養を摂るのでは、意味が違います。

同じカロリーを1日に摂っても
1食でまとめて食べることと
3食に分けて食べることは
身体への働きが違ってきますよね。

だから・・・

カロリーが全てではないのです。

そして、、、カロリーが低ければ身体にイイというわけではありません。

カロリーを減らし過ぎて、
身体の代謝を低下させれば、
結果的には「太りやすい身体作り」に繋がっていくのではないでしょうか?

カロリーばかりに振り回されて
「美味しい」という感覚や
「お腹いっぱい」という満足感が
どこかに消えてしまっていませんか?

人は、カロリーで出来ているのではありません。

カロリーは決して悪者ではないけれど、
カロリーに振り回されていては、心はラクならないのではないでしょうか?

2.私がカロリー計算を辞めても激太りしなかった理由

過食をどうにか止めたくて
増え続ける体重を減らしたくて
悩んでいた時期

世の中ではレコーディングダイエットが流行っていました。

ちょうど、雑誌の付録でも
レコーディングダイエットのための
ノートが入っていました。

そのノートで、早速、食事を記録するようになりました。
そして、全てを計算していました。

でも、過食は止まらず
過食した日の食事は、記録する欄を大幅にオーバーしていることが、
ドンドン惨めな気持ちを加速させていきました。

カロリーを計算すれば
信じられないような数値が出て

そんな膨大なカロリーを
自分は食べてしまったのか・・と思うと恐ろしくなって、
さらに心がしんどくなりました。

だから・・・

カロリー計算をスパッと辞めました。

カロリー計算を辞めて
ちょっとだけ心が自由になりました。

カロリー計算を辞めて
数値以外に「食べたい」という基準が戻ってきました。

これらの変化は、自然に起こったことではなく
管理栄養士さんとの1対1の栄養相談も
とても支えになりました。

結果・・・

カロリー計算を辞めたから
急に激太りするようなことはありませんでした。

むしろ、ホントに食べたいものを
選ぶようになっていったと思います。

3.ダイエット食品から、『本物の食』へ

人は疲れると
癒しを求めます。

食に癒しを求める時、
大抵、甘いものを口にします。

けれど・・・

人工甘味料の「甘さ」が
同じ働きをしないことを知っているでしょうか?

砂糖の場合と、
人工甘味料の場合の違いを、超ざっくり説明すると・・・

■砂糖の場合

砂糖を食べると
脳からセロトニンが出ます。

セロトニンが出ると、
人はハッピーな気分になります。

そこで、「甘いもの=幸せ」「甘いもの=癒される」という
期待通りの感情が手に入ります。

■人工甘味料の場合

人工甘味料の甘さを食べると
脳からセロトニンが出ないと言われています。

口では、「甘い」。
でも、脳は「甘い=幸せ」という期待していた
反応が出来なくなってしまいます。

これが、身体の中が、ぐちゃぐちゃになってしまう現象です。

結果・・・

人工甘味料のものばかりを食べ続けてしまうと
「幸せ」という反応をもっと欲して
もっと甘いものが食べたくなってしまうのです。

だから、人工甘味料の食品をどんどん食べるか、
砂糖でも激甘のものを次々と欲するようになるか、
どちらかになってしまうのではないでしょうか?

そのため、ゼロカロリー食品は、カロリー計算だけでみれば
魅力的かもしれませんが、長期的な視点では、「回復」にはつながらないのです。

・・・

今はこうして解説なんてしている私も
かつては、低カロリー食品のオンパレードでした。

ココアが好きでも
「カロリー1/4」のココアを探してまとめ買い。

美味しいと感じていないのに
「美味しい!」「これ好き!」と自分に思い込ませて
飲み続けている始末。。。

自分は何が好きで
何を「おいしい」と感じて
いつ満足できるのか・・・

ダイエット食品を食べ続けるうちに
どんどん分からなくなっていきました。

いつも満足しないので、
結果、過食がひどくなっていきました。

たくさんの試行錯誤をしました。
ダイエット食品を辞めることが、とても怖かったです。

でも、管理栄養士さんから、正しい知識を入れ、
何度も何度も栄養相談を受けていく中で、
本物の食に変えていきました。
cookies-933050_640
ココアが飲みたい時は
豆乳と純ココアとハチミツで作る。

アイスクリームが食べたい時は
低カロリーのアイスクリームではなく
大好きハーゲンダッツを食べる。

1つ1つ、地道な作業でしたが、
恐る恐る変えていきました。

心を整え
食と向き合う

あたり前のことだけれど、
摂食障害真っ最中の私には、
とても大変なことでした。

なんども何度も投げ出してくなり
一生治らないんじゃないかと不安になり
でも、「このままじゃ嫌!」という気持ちが沸く・・・

そんな繰り返しでした。
そして、苦しくなるほど食べていた理由が分かってきたのです。