太って健康になるのが怖い

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

「アドバイスください!」
「治るためなら、何でもやります!」

そうした声は、一見、とても前向きにも感じられますが・・・

実際、「やる」かどうかは、全くの別問題です^^;;

なぜなら・・・

治ることを恐れているから。
coffee-cup-768775_640
一般的には、「病気なら、早く治りたいと思って当然じゃない?」と思われるかもしれませんが・・・
摂食障害の場合は、逆の考えが多いです。

病気なのに、治りたくない心理。
不健康なのに、健康になることが怖い。

「心理」も、「怖い」と感じるのも、
やっぱり心なのです。

食ではなく、心です。

今回のご質問をご紹介します。
*ブログ回答は、私の個人的な経験とカウンセリング方針に基づいています。
*全ての方に当てはまるとは限りませんので、予めご了承ください。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

中村さんが仰っているように完全休養をとり、
戻る分からないけれど生理を戻すようにすべきなのは分かります。

けれど、友達も彼氏もいないような自分が、太って見た目が健康になることが怖いです。

もしもこれから食べる量を増やして体重増加できそうなら、長い間無月経でも、
退職せず今の生活を続けていけるでしょうか。

ご質問をありがとうございます。

====================

1.なぜ、完全休養がオススメなのか?

2.「長い間、無月経」のリスク

3.健康になることがコワイ

=======================

1.なぜ、完全休養がオススメなのか?

これは、多くの方が、受け入れられないことですが・・・
完全休養をオススメする理由は何だと思いますか?

そして、何十回も「完全休養」という言葉を、このブログで読みながらも、
あなたが、完全休養を受け入れられない理由は何でしょうか?

私が完全休養をオススメする理由は

(1)全力疾走しながら心と体のケアは無理
(2)治ることは、生き方を変えること
(3)「その他のストレス」をゼロにする時間

まず、(1)ですが・・・
フルマラソンを走りながら、身体と心のケアをすることは、不可能ですよね?

筋肉を回復させるために、
栄養補給も休むことも
専門のトレーナーからアドバイス受けることも
マッサージなどを受けることも
必要なはずです。

だからこそ、立ち止まるしかないのです。

それは、摂食障害の心も同じです。

「◯◯しながら」だから、上手くいかないのです。
まず、立ち止まること。
立ち止まる自分を許すこと。

そこから初めていきませんか?

そして、(2)の「生き方を変える」ですが、
これも繰り返しお伝えしている通り・・・

【食べることは、生きること】だからです。

頭が悪くても
収入が少なくても
人は生きていけます。

けれど、食べることが出来なくなったら、
1日として人は生きていけないのです。

croissants-569075_640
これは、拒食症だけに当てはまる考え方ではありません。

過食でも過食嘔吐でも同じです。

食欲とは、本能なのです。

その本能が上手くいかなくなるほど、
心はツライ状態に追い込まれてしまっています。

治ることはカンタンではありません。
同時に、治ることは不可能ではありません。

だからこそ、あなた自身が、「生き方」そのものを見直すことが必要なのです。
摂食障害を、もっと真剣に深刻にとらえていきませんか?

(3)の「その他のストレス」ですが・・・

お仕事していれば、
どんなお仕事であっても、ストレスはあります。

摂食障害の心の状態とは、
ストレスに過剰に反応してしまう状態とも言えます。

なぜなら、「根っこ」に何らかの苦しみを抱えているからです。

「根っこの苦しみ」 + 「仕事ストレス」

この両方で、あなたはますます追い詰められてしまうのではないでしょうか?

だからまず、仕事という「その他のストレス」をゼロにする。
その上で、「根っこの苦しみ」と向き合っていくことが必要なのです。

「根っこの苦しみ」が何なのか、すぐには分からないことも多々あります。
そして、これは治療者(医師・カウンセラー)と共に進めていくことなのです。

ぜひ、相性のいい治療者と出会っていってください。

2.「長い間、無月経」のリスク

無月経に限らず言えることですが・・・
長期化すればするほど、治るのがむつかしいですよね。

カンタンな例を挙げるなら、
姿勢です^^

何十年も猫背でいる人が、
急に治すのは難しいはずです。

なぜなら、習慣になってしまっているからです。

それが、小学生であれば、
きっと早く治るはずです。

無月経も、摂食障害も同じです。

長期化すればするほど、身体へのダメージは大きくなります。

無月経であれば、子宮が収縮するとも言われていますし、
骨粗しょう症のリスクが大きくなったり
将来的に不妊になる可能性もある・・・というのは、
きっとご存知の通りかと思います。

摂食障害の長期化も、
体へのダメージ、心へのダメージは両方あると思います。

私が、摂食障害カウンセリングで痛感するのは、
「摂食障害でいることが、当たり前」になってしまっている方々です。

「摂食障害の自分」でいることがアイデンティティーになっているからこそ、
そのアイデンティティーを辞められない・手放せない。

ご家族にとっても、「◯◯ちゃん」の前に「摂食障害の◯◯ちゃん」という存在が、
当たり前になってしまっている場合、回復がとても難しくなっていきます。

拒食・過食でいることが当たり前
「摂食障害だから」という言葉が当たり前
友達と外出・外食しないことが当たり前・・・etc.

こうした「当たり前」を自覚していただき、
「当たり前」を当たり前であってはいけないんだ、と思い始めるところから始まるのです。

無月経も、摂食障害も、長期化そのものにリスクがとても大きいのです。

「当たり前」になる前に、
「長期化してもいい」と諦める前に、
どうか治る道を選んでほしいと、私は心から願っています。

3.健康になることがコワイ

コレ、よくあります。
よくわかります。

けれど、周りからはなかなか理解されない心境です。

ご質問の文章の中では、
「食べる量を増やすかどうか」に重きを置いている印象がありますが・・・

私は、「太って見た目健康になることが怖い」という言葉のほうが、
ずっとずっと深い悩みのように感じました。

これが、解決・改善していくことが、
目先の食事量の変化よりも、「根っこ」の問題に感じたからです。

摂食障害という病気は、
心が何かを訴えている状態です。

健康になることよりも
生きることよりも
痩せていたい。

つまり、「命よりも痩せが大事」と言えます。

学校・職場で上手くいくことよりも
休日に遊ぶことよりも

「痩せ」のままで居続ける自分。

そこに価値を置いてしまうのですよね。。。

これは、悪循環にハマってしまっていることにお気づきでしょうか?

学校・職場で上手くいかない

 ↓

思い詰めて食べられない

 ↓

痩せる

 ↓

周りが心配してくれる
自分も「痩せ」に価値を見出す
「痩せの自分」が確立していく

 ↓
もっと痩せていたい

 ↓

痩せていないと心配してもらえない
「痩せの自分」を失ったら、何も残らない

 ↓

「痩せ」で居続けるしかない・・・

こんな悪循環に気付いていますか?
この図解は、便宜上、一直線に書いていますが・・・
ホントは、途中のサポートがあれば、悪循環のリスクは減るのです。

それが、「家族のサポート」です。

何でも相談できる関係
何を言っても受け止めてもらえる関係
どんな状態でも愛されているという確信

こうした良好な家族関係があれば、
職場や学校で上手くいかなくても、「痩せにハマる」リスクは激減すると言えます。

転校・転職は可能ですが、
どんな人と共に過ごすかは選ぶことが出来ません。
そして、周りの人間をあなたが、変えることは出来ません。

だからこそ、『家族関係』なのです。

家族の中は、今からでも変えていく事が出来ます。

友達がいない
彼氏がいない
自分が自分でいられない・・・

こうした不安、ご家族に話せていますか?
何でも話していい、話して大丈夫だと思えますか?

私は「安心できる対人関係」こそが、
いろんなことを乗り越える原動力になると信じています。

その対人関係の第一歩が、「家族」なのではないでしょうか?

だから、お母様方のこんな言葉は間違いだとお伝えしたいのです。