摂食障害が治るためにガマンも忍耐もいらない。

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

過食に悩む人からは、

「過食しないように、ガマンしないといけないんですか?」

「過食衝動が来ても、ガマンしたんですか?」

拒食の方からは、

「『太りたくない』という気持ちも、頑張って抑えたんですか?」

「食べたくない時にもガマンして食べるんですか?」

そして、お母様方からは、


「仕事すれば、ツライことも我慢しないといけないこともいっぱいある」

「自由にさせたら、何も我慢できない子になってしまいませんか?」

なんだか、我慢と忍耐のオンパレードのような声ですよね^^;;
でも、よくいただく声のごくごく一例に過ぎません。

確かに摂食障害の入院治療って、
我慢と忍耐を強いられる場面が多々あると思います。

命にかかわる状況であれば、
それも致し方ないのかもしれません。

けれど・・・

摂食障害が「心の病気」って
ホントに理解していれば、
こうした我慢・忍耐の治療に早くから疑問を持つはずなんです。

摂食障害の症状がガマン以外で治まっていくのは、
必要なくなるからです。

「食べたい!」という強烈な過食衝動そのものが起きなくなるのです。
「食べない!」と宣言したくなる気持ちも沸かないのです。

なぜなら・・・

普段から、好きなものを食べられるようになったり、
「食べちゃいけない!」という禁止がなくなったり
体重に一喜一憂している自分がイヤになったり、
痩せていない自分でも、「まぁ、いいかなぁ」と思えるようになったり、
「食べられなくて可哀そう!」という悲劇のヒロインに浸っているのが、
バカバカしく感じたり
「痩せている=キレイ」というのが勘違いだと気づいたり、

いろーーーーーーーーーーーーんな、
小さな気づきが、
たくさん沢山積み重なって、

「別に、(過剰に)食べなくてもいいかな」と思ったり、
「食べずにフラフラしているのは嫌だ!」と思ったり、

ちょっとずつ変化していくのです。


それは、食だけの話ではありません。

周りにガマンして合わせてきた自分から
段々自由になっていったり、

耐えることがイイ事だという思い込みに気づいて
別の方法を見出していったり

自分を抑えて周りの顔色を見ていた生き方から、
自分を押し殺すことを辞めていったり・・・etc.

食も生き方も、
我慢と忍耐以外で、ラクを求めるようになっていくのです。

それが、摂食障害の回復です。

・・・

繰り返しますが・・・


摂食障害が治るために、
我慢や忍耐は必要ではありません。

むしろ、自分を抑え、
必死で周りに合わせるために我慢しすぎた結果、
心の病気になってしまったともいえるのです。

我慢よりも
忍耐よりも
大事なこと。

それは、あなたにとって【快適かどうか】です。

心が快適に感じているかどうか。

ラクに動けて
ラクに笑えて
ラクに生きられて。。。

そんな「ラク」、今の生活にありますか?

体重も体型も同じなのです。

体重も◯kgであるべき!ではなく、
快適かどうかという指標に変えていきませんか?