【メール相談】摂食障害のオススメご相談方法

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。


メール相談、受付中です!

今回は、メール相談に関するよくあるご質問を取り上げます。
*摂食障害メール相談とは

この記事は、

・相談したいけど、どんな方法が合っているのかわからない
・摂食障害のこと以外でも相談していいの?
・どんな回答がもらえるの?
・自宅から相談できる方法を探している

という方に、役立つ情報をお届けします。

そもそも、摂食障害メール相談って何!?

摂食障害メール相談とは、メール完結の新しいご相談方法です。
メール相談は、メール1往復です。

月1回、設定していますメール相談日までに、お申込みいただきます。
メール相談日になりましたら、指定の時間までに「1回限り」ご相談をお寄せいただくことができます。

こちらからは、当日20時までにメール回答いたします。

摂食障害メール相談は、通常のメールですので、1対1のやり取りになります。
カウンセリング同様、守秘義務がありますので、ご相談内容を公表することはありません。

メール相談がオススメの方とは

・やっぱりZOOMには抵抗がある
・家族に相談していることが知られたくない
・今の治療法ってどうなの?と第三者の意見を聞きたい

という方です。

特に、

・ネットは苦手
・いくら練習できるといっても当日上手くいかなかったら・・・・
・顔出し&家の中が映るのはちょっと・・・

というZOOM(オンライン相談)にどうしても抵抗がある方には、メール相談が1番オススメの方法です!

摂食障害メール相談をお母様限定にしている理由とは

摂食障害メール相談は、ご本人様ではなくお母様のみを対象としております。

理由を一言でいえば、

顔が見えないから 

です。

メール相談のメリットでありデメリットとして言えることですが・・・
メールなので、お互いの顔を見ることができません。
メールなので、お互いの「解釈」が大きく影響します。

そのため、健康状態に問題のないお母様のみを対象としています。

摂食障害のご本人様の場合は、別途・単発オンライン相談などをご利用ください。

メールだからじっくり考えることが出来ます

メールだから、じっくり時間をかけることができます。
メールだから、書きながら修正することができます。
メールだから、気分が落ち着いている時間帯をえらぶことができます。

これらは、対面カウンセリングと大きく違うメリットです。

初めての人に会うと緊張してしまう。
緊張していると、何を話したらいいかわからなくなってしまう。
話したかったことを、後から思い出してしまう。

という経験は、誰もが持ってるはずです。
何度も会う相手なら、「次回、話そう!」と思えるかもしれないけれど・・・

病院だったり
カウンセリングだったり
内容がかなりデリケートな話題だったり

そんなことが重なると、「言いたいことが言えなかった後悔」はずっしり重たくなってしまいます。

だからこそ、メールなら、じっくり時間をかけることが出来ます。

摂食障害の頃、私はメールに救われてきました


今でもメールは好きですが、摂食障害の頃、私にはメールは欠かせないものでした。

メール = 吐き出し場所

いろんな友人に
いろんな相談を。

相談というより、グチの垂れ流し状態でした。

過食を辞めたいのに辞められない
学校で●●と言われた
将来どうしていいか分からない・・・etc.

日々のこんな悩みを、そのまんまメールでいつも友人たちに聞いてもらっていました。

不思議なことに、メールを「送信」したら、ふと心が軽くなりました。
すぐに返信が届く時も、すぐには届かない時もあったけれど、それでも「グチを聴いてくれる相手がいる」というだけで、摂食障害の心はホント救われてきたのです。

こうした経験があるからこそ、メール相談の良さを感じています。

誰にも言えないこと。
誰にも聴いてもらえないこと。
誰かに話したくてたまらないこと。

それらを吐き出せる場所が、メール相談なのです。

メール相談受付中です!
くわしいご案内・お申込み方法は、こちらのブログ記事をご覧ください。

摂食障害メール相談