摂食障害を早く治すコツ:「みんなと同じ」を辞める

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

摂食障害は、なかなか治らない。
摂食障害の回復には、何年もかかるもの。

そんなふうに言われます。
確かに一理あります。

でも、「みんなと同じ」を辞めれば、早く回復することは可能です。

先日、東京出張にいきました。
普段より、地元の駅を1時間半遅く出発しました。

すると、、、ギュウギュウ詰めの満員電車。

普段は、すごく空いていて、ラッキーだと座れます。

早いと、ラク。
早いと、余裕がある。
早いと、快適。

時間に余裕があると、途中トラブルがあっても対処できます。

早いスタートは、何かと有利なのです。

摂食障害の回復も同じ。

14歳で不調を感じているなら、今すぐ「摂食障害と向き合う」ことをオススメします。

仮に、完全に回復するまで10年かかったとしても、24歳。

まだまだ、若いです。

でも、多くの人がやってしまうのは、、、

14歳で不調を感じているのに、摂食障害の治療を放置すること10年。
24歳で、ようやく治ろうと思いたっても上手くいかず、気がつけば30歳目前。
それから、ようやく本格的な摂食障害治療に取り組み、慢性化した摂食障害の回復には、とても長い年数が必要になります。

スタートが早ければ、回復も早いのです。

「みんな」が、摂食障害を治そう!と本気で思えない時期に、「みんな」と違う行動を取るのです。

それが、早い回復につながるのです。

不調を感じ始めたら、すぐ病院やカウンセリングに行くこと。

私は、そんな早いスタートを応援します!
摂食障害専門カウンセリングの詳細は、こちらです。次回は、1月初旬、受付再開です!