【摂食障害卒業アンケート】会話の中で、信頼関係が深まっていく感覚がありました。


摂食障害専門カウンセラー中村綾子です。
国家資格・公認心理師を持つ唯一の摂食障害専門カウンセラーです。

母親カウンセリングから卒業された方から、卒業アンケートをいただきました。

ホント感動ですね。。。

受け取ってから、何度も何度も読ませていただきました。
画像に取り込んでからも、何度も繰り返し。。。

1回1回のカウンセリングがよみがえってくるようです。
ホントにおめでとうございます。

卒業アンケ―トの掲載許可をいただきましたので、ご紹介いたします。

*画像と文章、それぞれで記載します。

卒業アンケート

*以下に各項目について文章で記載します。

1.摂食障害専門カウンセリングを開始する前、どんな状態でしたか?

娘が中学2年生の時から摂食障害の症状が出だし、不登校、昼夜逆転、家族との激しい対立などがありました。

当時、別のカウンセラーの方に母親カウンセリングを受けていましたが、違和感を感じ、綾子先生の不登校に対する考え方をブログで拝見し、思い切ってカウンセリングをお願いしました。

その頃の娘は、本当につらそうでした。

今思い返してもよく生きていてくれたなと思う程です。

又、私も、娘の病気は全て自分のせいだと思い込みとてもつらい日々でした。

2.カウンセリングを通して、変わったこと・感じたことなどを教えてください。

カウンセリングを重ねていくうちひ、私は自分の中に持ち続けていた色々なことに気がつき、それを捨てて、よりシンプルな気持ちで生活する様になった気がします。

そんな生活を重ねていくうちに、私は自分の本当の気持ちに気づきやすくなり、またその気持ちを尊重して挙げられる様にもなった気がします。

そんな頃からは、娘との会話も自然に変わりはじめていく実感がありました。

会話の中で、私の気持ちは娘に伝わり、娘がその気持ちを受けとめ、信頼関係が深まっていく感覚がありました。

今、娘は自分の将来について考え、悩みながらも前に進んでいます。苦しかった病気と向き合い、ここまでやってきた娘は本当に素晴らしいと思います。

そんな娘を、これからも見守っていきたいと思っています。

また、私自身もこれからの自分の人生を考えたいと思う様になりました。これから先の人生を自分がどうやって過ごしていきたいか。娘の病気がなかったら多分そんな事を考えなかったんじゃないかと思っています。

カウンセリングを通して色々な気付きががあり、綾子先生と繋がった事が本当に良かったと思っています。

先生とのカウンセリングは簡単なものではありませんでした。辛い時もありました。

でもこんな日がくるんだなと今実感しています。

3.今、摂食障害に悩んでいる方に、メッセージをお願いします。

私は母親の立場での体験になってしまうのですが、娘の病気がひどかった時は、本当につらく悲しい日々でした。

どうすればいいのか分かりませんでした。

でも今は、心穏やかにラクに過ごせています。

今悩んでみえる方少し勇気を出してもらえるといいと思います。

私は自分一人では娘と今の様の関係にはなれなかったと思います。

今、カウンセリングを続けてみえる方は、ご自分と先生を信じて是非続けていってほしいです。

私からのコメント:摂食障害を「卒業する」ということ。

あらためて、ご卒業おめでとうございます!

これまでの卒業クライアント様のアンケートにも共通することですが…

・体重
・症状

などの記載がないところが、ホントの回復だなと思っています。

摂食障害の回復とは、心穏やかになっていくこと。

その過程の中で、症状が必要なくなり、体重がふつうになり、「生活」が整っていきます。

卒業基準は、

・症状ゼロ
・学校・仕事などを安定して続けられること

この2つが、半年以上続いた後、当オフィスのカウンセリング卒業としています。

もちろん、症状ゼロを目指してカウンセリングを行っていくわけですが、症状だけに注目していては、摂食障害の回復はありません。

上記のアンケートに記載してくださっている通り、お母様の中での

・気づき
・信頼関係

の深まりがあり、その上でお嬢様ににも伝わっていくのです。

「摂食障害なのは、娘なのに、どうして母親がカウンセリングを受けるの?」

そんな疑問をお持ちのお母様方も多くいらっしゃると思います。

最初は、疑問でもいいと思います。
お嬢様の摂食障害の原因は、誰かひとりのせいではありませんから。

誰かひとりが原因ではないけれど、ご家族それぞれが「生きづらさ」を抱えているはずです。

摂食障害という病名がついてもつかなくても、それはカウンセリングを進めていく上で、あまり需要なことではありません。

今、ツライこと。
今、苦しいこと。

これらが、少しずつほぐれていって、少しずつツライ根っこが見えてきて、少しずつラクになっていく。。。

お母様がホントの意味でラクになっていく時、摂食障害に悩んでいるお嬢様にも伝わっていきます。

「何を言うか・言わないか」ではなく
「どんな接し方をするかしないか」ではなく

空気で伝わるのですから。

私は、摂食障害専門カウンセラーだからこそ、そんな回復をサポートしています。

摂食障害のご相談、新規受付は年内で締切いたします。
摂食障害のご相談のくわしいご案内・お申し込み方法は、こちらのページをご覧ください。
*12/7(火)東京・対面相談、残り1枠です。