入院したら摂食障害は治るの?


摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

摂食障害が、自宅にいながら回復できる状態と、入院するしかない状態があります。

もっとも頻繁に基準とされるのが【体重】です。

健康状態ではなく、【命がキケン】だからです。

病院によって、本当にイロイロな基準があります。
かなりキケンなのに、放置してしまう病院もあります。

摂食障害患者を受け入れてくれる病院が少ないもの事実です。

だから、本当は早期治療・早期回復で、自宅にいながら回復していって欲しいと願っています。

ですが・・・
私が考える【命が危険レベル】の体重があります。

それは35kg

ココまで減ってしまった場合は、すぐ入院を強くお勧め致します。

さらに、カウンセリング対象の体重は、【危険ゾーン】を脱していることを基準としています。

だから、38kgです。

前置きが長くなりましたが・・・
「摂食障害は入院したら治るの?」を以下の3つから考えて行きます。

—————————————–

(1)まず、摂食障害の《治る》を言葉にしてみよう!

(2)心の病気、身体のキケン

(3)入院はあくまで《応急処置》という意識を持ち続ける!

—————————————-

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

(1)まず、摂食障害の《治る》を言葉にしてみよう!

《治る》って何!?

まず、これを言葉で書きだしてみてください。

何が、どうなることが《治った》ことでしょうか?
何が出来るようになると《治った》と言えるのでしょうか?

当オフィスのカウンセリングでは、卒業ゴールを以下のように定義しています。

・摂食障害の症状ゼロ
・安定した社会生活

症状ゼロとは、過食や過食嘔吐はもちろんのこと、生理の自然回復も含まれます。

さらに、その上で、学校・仕事に安定していくことが出来る状態が【半年以上】続くことです。

こうしたゴール、ちゃんと見据えていますか?
あなたの治療者と、言葉で共有できていますか?

(2)心の病気、身体のキケン

摂食障害は心の病気です。でも、身体あっての心なのです。

家を使って例えるなら・・・

身体は、柱・壁・屋根といった、外枠の部分です。
外枠がしっかりしていないと、内側に立派な家具を置いても、意味がありません。

外枠が無ければ、
中の家具も、風で吹き飛ばされてしまったり、
キレイな飾りも、雨でぬれてしまったり。

さらに、心が辛くて食べることが上手くいかないと、他にも上手くいかないことが増えて、ますます心が辛くなる・・・という負のループに陥ってしまいます。

続きは、9日(土)20時メルマガ読者さま限定でお届けします!
メルマガ登録(無料)はこちらからお待ちしています^^