【過食】休学・休職したのに過食が続く理由とは?

過食を辞めたい!
どんどん太ってしまう!
過食代にお金がかかる・・・

こうした気づいている場合は、回復の見込みがありますよね^^

こんにちは。
カウンセラー中村綾子です。

私は拒食・過食・過食嘔吐を経て、約7年摂食障害歴で回復し、摂食障害専門カウンセラーとして活動しています中村綾子です。
その7年の間には、大学院を休学していた時期も、無職だった時期もあります。

さらに、たくさんのクライアント様とお話していく中で、休学・休職しただけでは、過食が止まらないことも実感しています。

まずは、私自身が休学していた頃、過食はどうだったか?についてお話します。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

休学中、摂食障害はどうなった?

大学院1年目の後期を休学しました。そして、休学中、過食が始まりました。。。

勘違いされやすいですが、「ヒマだったから過食した」ではありません。

拒食で入院していましたので、その退院して少し時間が経った後、突如過食が始まったのです。

過食が始まって、体重がどんどん増えて、40kgを超えていきましたが(休学中に)、過食は治まるどころか、どんどん酷くなっていきました。

今でこそ、「カウンセラーとして心と向き合おう」とお話していますが、当時はただただグッタリしていました。

休学中、何かをするわけでもなく。
昼夜逆転みたいな生活で、昼間はリビングのソファでグッタリ。
特に外出するわけでもなく、突如襲ってくる過食衝動におびえながら過ごしていました。。。

休むことは大事!「根本的な問題」から逃げていませんか?

どんな病気にも(きっとケガにも)言えることですが・・・

休養無くして、回復なし

ですよね??

それは摂食障害など、メンタルの病気でも同じです。
心がいっぱいいっぱいになっているのだから(自覚がなくても)、休養は必要です。

でも、休むだけで自動的に回復するかというと、心の場合、そうではありません。
上記の通り、休学中の私は何もせずにゴロゴロしていましたが、回復していったわけではありませんから。

つまり、正しい治り方・正しい取り組み方が、摂食障害の回復には必須なのです。

私は、【日々のストレス】と【根本的な問題】を分けて考えることをオススメしています。
次回、2月27日(土)20時の摂食障害メルマガでお話しています(動画付き)
無料・摂食障害メルマガへのご登録はこちらからお待ちしております!