【カウンセラーの働き方】大学院を出ても非常勤の仕事しかない!?

公認心理師・中村綾子です。

『カウンセリング開業のリアル』の著者です。
↑この本、なぜか今月よく売れています(笑)。

稼げるカウンセラーを増やす!
そんな想いで、開業のご相談を行っています。

それは、臨床心理士を目指していた大学院生の頃から抱いていた「働き方のギモン」までさかのぼります。

*すべて当時の個人的な記憶を基に書いています。

【大学院時代のギモン】非常勤の仕事しかない!?

センパイの話を聞いても、非常勤の話ばかり…。

月曜日:Aクリニック
火曜日:B病院
水曜日:スクールカウンセラー(1)
木曜日:C施設
金曜日:スクールカウンセラー(2)

というふうに、週5日働いてご家族を養っている先輩もしました。

この状況は「まだマシ」なほうで、週5日まで仕事がないという方も多かったです。

正職員・正社員の求人はかなり限られていたので、ほとんどが非常勤の仕事ばかりでした。

なんなんだろう。。。

ずっと心理学を勉強してきた自分。
高倍率の大学院入試を突破してきた自分。

でも、お金にならない仕事(そもそも求人が少ない…)ばかりで…。

元々、スクールカウンセラーを目指していたので、スクールカウンセラーについての情報も調べると…、こんな気持ちになりました↓↓↓

【スクールカウンセラーの夢】週1回、1年契約ってホント!?

大学院時代、スクールカウンセラーの働き方で最初に聞いたのは、時給でした。

時給、5000円~6000円

スゴイ!と思いましたね。学生でしたから。

でも…

1日6時間。
週1回。

つまり…

5000 X 6 X 4 = 120,000(円)

1ヶ月12万円!????

大学院出ても、一人暮らしするのがムリってこと???

そんな気分でした。

さらに…

学校に勤めている「大人」を思い浮かべると、

「先生」と「事務の人」

どちらも公務員。
ほぼ安定した仕事。

でも、スクールカウンセラーだけが、1年契約の不安定な立場。。。
でも、スクールカウンセラー(臨床心理士)は、大学院卒(修了)の学歴。。。

なんなんだろう???とギモンでした。

実際、私は早くからひとりで就活をはじめて、サポート校の教員になろうかと思っていました。

それも、正社員ではない&希望地ではない、という理由で躊躇しつつも、面接を進めていきました。

最終的には、不採用になりましたが、それくらい「カウンセラー以外の仕事でしか、正社員になれないかも!?」と思い詰めていました。。。

大学院では、「開業」は別世界でした。。。

では、大学院時代、開業する人はいないのか?という話ですが…

少なくとも当時、私が在籍した大学院では

開業したい人ゼロ
開業している人ゼロ

でした。

大学院の先生の中には、「ある相談室で週1回だけ勤めている先生」がいました。その相談室のトップ=開業している人、とは言えますが、、、

なんとなくのイメージでは、おじいちゃん先生が細々と開いた相談室のような感じでした。

理由は、結構ベテランの先生が「先生」と慕っていたからです。
勝手な想像ですが、年齢的に計算して「おじいちゃん先生」のイメージが沸きました。

開業が別世界だったので、私自身も自分が開業しようとか、開業について調べようと思うこともありませんでした。

開業カウンセラーから、開業したいカウンセラーの方へ

上記のような「カウンセラーとしての働き方」に疑問を持ちつつも、来る日も来る日も同じような働き方を続けていませんか?

開業を漠然と考えても、周りに開業している人がいなかったり。

「カウンセラーが開業しても食べていけない」という声を聞いたり。

家族から「開業なんて!」と反対されたり…etc.

なかなか動き出せない方も多いかもしれません。

私は、大学院時代に知りたかったです。「開業という働き方」を。

開業という働き方を知った上で、
開業するのも
開業しないのも
アリです。

まずは、「非常勤の仕事しかないよね…」という価値観を疑うところから始めてみませんか?

次回(10/30(日))のひとり起業メルマガでは

*動画は、メルマガ限定公開です!

上記の「大学院を出ても非常勤!?」について、より深く動画でお届けいたします!

・非常勤カウンセラーのリアル(保険・交通費・時給など)
・開業という「働き方」とは?
・開業したいと考えている方へ

ご興味がありましたら、以下から「ひとり起業メルマガ」にぜひご登録ください。

ひとり起業メルマガに登録する
週1回以上、無料メールで開業についての考え方などを配信しています!