私が過食・過食嘔吐を辞めた理由

2020/05/28修正

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

「どうやったら、過食がやめられますか?」
「食べるのを我慢できないんです」
「吐きたくて、ソワソワしてしまいます」

こうした声をとてもよくいただきます。

私も摂食障害だったころ、同じように
「辞められない自分」に悩んできました。

「今日こそは過食しない!」と決めても、
夜になるとソワソワしてしまう自分。

食べるのを我慢するために寒天ゼリーを
詰め込んでも、結局は食べてしまう自分。

嘔吐する辛さが身に染みているのに、
大量吐血した後も、嘔吐をやめられない自分。

本当に自分がイヤで、でもやめられなくて、
とてもとても真っ暗な気持ちだけを抱いていました。

そしていつも、「太ってはいけない」という禁止の気持ちと
「痩せないといけない」という強迫観念ばかりが
頭の中を占領していました。

けれど・・・

何年も何年も経過していくうちに、
少しずつこんな想いが芽生えていきました。

美味しい!って食べて太ることがあっても、仕方がないのかもしれない。

目の色をかえて
むさぼるように
詰め込むように食べて
食べた勢いのまま嘔吐して、、、

そんな生活を辞めたい。

摂食障害のことも、
吐いていることも、
友達には何もかも話していたけれど、

もし、現場を見られるようなことがあったら、もう顔向けできない。。。

恥ずかしい行為
人に見せられない行為

そういう行為をしていることは自分でも分かっていました。

だから、言葉として摂食障害を伝えても、
絶対に見られてはいけないと思っていました。

そんな頃、私の中に沸いた気持ち。

【普通の人になりたい】

中学生の頃から、まわりから「スゴイ」と言われることに
価値を見出していたけれど、

スゴイを追い求めていた自分は、
「食べる」という「普通のこと」が全然上手くいかなくなっていました。

もう、スゴくなくてもいい。

スゴイよりも、普通の人が普通にできることを、私も普通にやりたい。

そう思えるようになった時、私の中に「普通の人基準で考える」を意識するようになりました。

普通の人は食べ過ぎることがあっても、
吐いたりしないよね・・・だから、自分も吐かない。

普通の人は、「仕事に行きたくない」と思っても、
急に休むことはしないよね・・・だから、自分も仕事する。

普通の人は、何もかもイヤになっても
自傷行為なんてしないはず・・・だから、自分もしない。

そんなふうに、「普通の人は・・・」として
考え、言い換え、行動を1つ1つ見直していきました。

もちろん、「普通の人基準で考える」を始めてからも、
全然うまくいかない時も、たくさんありました。

けれど、普通の人が普通にできていることを、
私もやっぱり普通にできるようになりたかったのです。

普通の人基準で考えると、コレを食べるのもやっぱり普通なのです。
避けている人が多いですが^^;;