お腹ぽっこりはいつか治りますか?

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

お腹ぽっこり

拒食でも過食でも過食嘔吐でも
もしかしたら1番多い体型の悩みかもしれません。
apple-993366_640
今回のご質問をご紹介します。

*ブログ回答は、私の個人的な経験とカウンセリング方針に基づいています。
*全ての方に当てはまるとは限りませんので、予めご了承ください。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

お腹がまだぽっこりしている気がします。
お通じは毎日出ているので、便秘ではないと思います

これは、いつか治りますか?
治るとしたら、どの段階で治るんですか?

ご質問をありがとうございます。

ストレートに回答します。
いつ治るか、私が断言できる「日にち」はありません。

けれど、治っていくものと思っています。

私自身も、お腹ぽっこりの時期も
お腹が風船のように膨れ上がった時期もありました。

でも、今はぺったんこです。

それは、ジムで必死に運動したからではありません。
必死に食事制限をしたからではありません。

「治るための行動」を
心にも
身体にも
栄養にも
そして、「生き方」にもしてきたからだと思っています。

以下の3つから考えていきます。

===================

1.曖昧さを許せますか?

2.生き方は、変えましたか?

3.摂食障害の身体は、別物です。

====================

1.曖昧さを許せますか?

いつ治るんだろう?
いつお腹ぽっこりは治るんだろう?

体重という数値にこだわってしまうのと同じように、
「治る日」「治るまでの日数」にも
とても執着してしまっていませんか?

もし、そうだとしたら・・・
それは、摂食障害の心の状態そのものかもしれません。

白か黒の思考。

白か黒かハッキリさせないと気がすまなくて
白っておもったものが、黒だったと気づくと何もかも嫌になって
黒だと思うと、ずーっと避けてしまったり。。。

ハッキリさせることができないこともあります。
ハッキリしないことでイイ事もあるかもしれません。

今のあなたの心は、曖昧さを許せますか?

曖昧さを許すために
心の余裕が必要です。

曖昧さを許すには、
今を楽しむことがとても大事です。

「いつ」なんて、ハッキリした日にちは分からないけれど、
いつかやってくる時を、
今から楽しみにしていきませんか?

2.生き方は、変えましたか?

よくある勘違いですが・・・

・体重が戻れば治る
・3食たべているから、「治った」
・よく話すようになったから、「変わった」

こんなふうに、摂食障害の回復を勘違いしてしまっていませんか?

体重が普通になることも
3食食べられることも
よく話すことも
それぞれ大切なことです。

けれど、「治った」と言い切れるものでしょうか?

・・・

食べることは、生まれた時からの行動です。

言葉が喋れるようになる前から
歩くことが出来るようになる前から
baby-716738_640
食べることは始まっています。

それほど、食と命は、密接にかかわっているのです。

命そのものに関わっている食。
今、その「食」が上手くいかなくなっているのです。

「食」が上手くいかないほど、
生きるということが、脅かされているのです。

「食」が不安定になるほど、
生きていくことに、不安定になっているのです。

だから・・・

治るということは、
どう生きていくか、考えていくことなんです。

治るためには、生き方そのものを見直していく必要が
あるのではないでしょうか?

私自身も、摂食障害を通して、
生き方を大きく変えました。

周りからスゴイ!と言われる生き方よりも
必死に頑張る生き方よりも、

自分が「たのしい」と思える生き方へ。

変えることはとても勇気がいることでした。
変えても治る保証なんて、どこにもありませんでした。

でも、治るか治らないか分からなくても、
私の心身はヘトヘトになっていました。

だから、変わるしかなかったのです。

生き方を変えたからと言って、
直後に、摂食障害が治ったわけではありません。

けれど・・

確実に、自分に優しくなれ
人のいろんな生き方を否定せずに受け止められるようになっていきました。

その頃から、少しずつ症状が治まり、
体型も変わっていったように思います。

3.摂食障害の身体は、別物です。

摂食障害の身体が、一般的な女性たちと異なることに
気づいているでしょうか?

今、お腹ぽっこりで悩んでいるあなたは、こんなふうに
思っていませんか?

・・・・

友達はお菓子をバクバク食べているのに、全然太らない!
私は、お菓子なんてほとんど食べていないのに、
どんどん太っていく・・・。

どうして???

・・・・・

とてもよくある声です。
そして、事実かもしれません。

ほんの一時期であっても
命がキケンにさらされるほど
低体重になっていたり

過剰なカロリーを摂り続けた時期があったり

食べて吐いて・・・という自然な流れに逆らう時期が
続いてしまったり

「一般的な女性」とはかけ離れた時期があったはずですよね。

だから、摂食障害の身体とは、一般的な身体とは
別物ではないかと思っています。

ちょっと食べてすぐ太る
代謝がいい年齢のはずなのに、肉付きがよくなる
浮腫みが酷い・・・

こうした摂食障害独特の身体の悩みは
とても多くの人が抱えていることです。

これらが嫌になって、
ふたたび拒食になってしまうと
負のループに陥ってしまうかもしれません。

だからこそ、「身体を作り直す」ことを意識して欲しいと思っています。

身体を作り直すために・・・

必死に栄養バランスをチェックすることよりも
厳格にカロリー制限することよりも
流行りのダイエット情報に振り回されることよりも

あなた自身の心と身体に聴いてみてほしいのです。
spring-315248_640
今、これ食べていて「美味しい」って思えている?
今、これがホントに食べたいもの?
この食感、好きだよね.

心と身体が、快適に暮らせるために
心と身体が、今の栄養を喜んでいるかどうか

あなただけが聴き取って、
あなただけが分かることなのです。

快適がわかると、コレも分かるようになるんです!