過食嘔吐は一人暮らしで治るか?家族が一人暮らしに賛成する前に気づいてほしいこと。

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

家にいるから、過食嘔吐してしまう。
過食嘔吐するのは、家でイライラするせい。
・・・だから、一人暮らしでストレスなく暮らしたい!!!

そんな言い分に、ご家族の心が揺れ動いていませんか?

決断する前に、どうか冷静に考えてみてください。

摂食障害とは病気です。
どんな病気でも、病気真っ最中の状態で、一人暮らしを開始するひとがいるでしょうか?

私は、摂食障害の最中の一人暮らしは、基本的には反対です。
私の失敗談も含めて、「過食嘔吐の一人暮らし」についてかんがえていきます。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

過食嘔吐の一人暮らしは、リスクが大きい

過食嘔吐は、わざわざ沢山食べて、わざわざ意図的に嘔吐する行為です。

だから、身体へのダメージがとても大きいです。

一人暮らしになってしまうと、もし、倒れてしまっても誰も気づいてくれる人がいません。
だから、過食嘔吐の一人暮らしはとてもキケンなのです!

さらに、過食したい!という衝動に、ブレーキをかけてくれる人が誰もいません。
これも、衝動的な行動が激しい場合、とてもキケンです!

私自身は・・・
摂食障害の最中、一人暮らしをしていた時期があります。
でも、失敗だったと心底思っています。

ある日・・・過食に走った帰り道、交通事故に遭いました。

実家住まいの頃から、過食衝動は夜(または早朝)に多くありました。

過食そのものは、両親はまったく反対しませんでしたし、過食して怒られることもありませんでした。

ですが、「外が暗くなってから、買いに行くのはダメ」でした。
これは、母からかなりかなり厳しく言われ続けていました。

そのルールを無視して、過食衝動に駆られてコンビニに走ったこともあります。
その度に怒られ、バトルがあり、「外が暗くなってから、買いに行くのはダメ」と繰り返し言われ続けていました。

なので・・・ある程度は、実家暮らしの最中は、「夜に買いにいけれない・行かない」が出来ていました。

けれど、一人暮らしを始めた途端、だれもそんなルールを言う人も見ている人もいないのです。

だから、超・早朝、真っ暗の中、自転車を走らせてコンビニに行ってしまいました。。。。

一人暮らししていた地域は、かなり田舎でした。
田舎なので、街頭もまばら。
良く見えない中、すごい勢いで自転車を走らせ・・・ガッシャーン。。。

自転車ごと、倒れたのでした。。。

そのまま救急車で運ばれたのです。

命に別状はない程度でしたが、自転車のカゴが割れ、手のひらは肉が見えるほどケガをしました。

さらに顔にもアザが出来ました。。。

「過食しようなんて、悪いことしたから、バチが当たったんだ・・・」

病院のベッドで、自分でこう言ったのを覚えています。
荷物として、ベッド脇に置かれていたコンビニの袋は、過食衝動のまま買ったたくさんの食べ物が入っていました。

完全に溶け切ったアイスクリーム。
ぶよぶよになったカップを外から触っていました。

何やっているんだろう。。。
ぜんぶ、ムダ。
ぜんぶ、病院の人たちに見られたかもしれない。
なんて、思われたんだろう。。。

すごーく恥ずかしいような悲しいような、やりきれない気持ちになりました。

でも、しばらく経つと、やっぱり過食の生活に戻ってしまうのでした。

一人暮らしより、週末ホテル暮らし

これは、当時の主治医からの提案でした。

仮に、ホテルを1泊1万円とする。
週1回なら、月4万円。
それなら一人暮らしをするより、安い。

これは、いいアイデアだと思いました。
当時、何回かホテル泊まりをしていました。

私は、現在のカウンセリングでも、どうしても一人暮らししたい!という方には、とりあえずホテルに泊まってみる、ということをオススメしています。

実家から離れること。
実家以外の場所で、どんな気持ちになるか、じっくり観察すること。

でも、忘れないでいてください。
私は、家以外の場所のトイレを使って、嘔吐することは良くないと思っています。

外では過食嘔吐しない。
これを守れるかどうか、自問自答してからホテル泊まりを検討してみてくださいね。

摂食障害は家族で抱える問題だからこそ、一緒に暮らしながら治そう

摂食障害とは、心の病気です。
家族の問題として捉える、心の病気です。

摂食障害は、何世代にも渡って、ムリや我慢を重ねてきたご家族に多くみられます。
他のご家族メンバーは発症しなかったかもしれませんが、1番弱い立場で1番家族想いの子が、摂食障害を発症するケースが多いと言われています。

だから、摂食障害のお嬢様ひとりの問題ではありません。

家族で抱えるとは、家族で向き合うこと。
家族で向き合うとは、文字通り向き合って話すこと。
顔を突き合わせて、正面を向いて、毎日話していますか?

摂食障害のお嬢様 VS ご両親
摂食障害のお嬢様 VS お母様

といった「VS お嬢様」といった関係で考えがちですが・・・
ホントに「家族として」と考えるなら、もっと前段階から考えていく必要があります。

前段階とは、お嬢様の前。
つまり、ご両親。
ご夫婦の関係から変えていくことなのです。

そこをきちんと理解してほしいからこそ、こちらの本を必読書としてお読みいただいております。
必読書のご紹介

家族が変わると、過食嘔吐が不要になる理由

摂食障害なのは娘なのに、母親がカウンセリングを受けるんですか?
私がカウンセリングを受けて、娘がどう変わるんですか?
家族が変化したことが、娘につたわるのでしょうか?

母親がカウンセリングに今一歩、迷っていらしゃる方の中には、こうした疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

私は、お母様から変化が始まることこそ、摂食障害が治りやすい「家づくり」だと思っています。

母親カウンセリングを通して、変化していく過程を4つのステップにてご説明しています(詳細はこちら)。
ステップ3では、お母様の変化からお嬢様の変化がはじまります!

治すことに積極的ではなかったお嬢様が、自分から「こんな生活イヤだ!」「ちゃんと治したい!」と言い始めるのです。

これは、決して特別なことではありません。
「人」として、元々持っていた「もっと良くなりたい」という気持ちが、外に出てきただけなのです。

「人」は、大抵の場合、成長の過程で歩くようになります。
歩くようになると、自分だけのチカラで歩くことが楽しくなります。
歩けるようになると、もっと違う場所に行ってみたくなります。
歩けるようになると、もっと早く歩いてみたくなります。

それが「人」なのです。

食べるということは、「人」として当たり前のこと。
摂食障害の発症により、一時的にうまくいかなくなった時期があったとしても、「より良くなりたい」「取り戻したい」という気持ちは、必ず戻ってくるのです。

取り戻すためには、安心・安全が必要なのです。

安心・安全の対人関係。
安心・安全ない場所。

それらを「家」の中に取り戻していくことこそ、お母様の役割ではないでしょうか?

お母様の変化から、摂食障害の回復をめざす方法。くわしくはこちらです。