【読者様からのご質問】食べたいものが食べられない

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

先日のメルマガで行いました「企画募集!」。
すぐにご質問をお寄せいただきましたので、ブログ上で回答していきます。

*今後も、不定期にこうしご質問企画を実施いたします。
*ご興味がある方は、ぜひ今のうちにメルマガ登録(無料)を済ませておいてくださいね^^

◆メルマガ読者様からのご質問

食べたいものを食べれなかったり、食べたら動かなきゃって思ってしまいます。食べても大丈夫な量も分からず食べすぎてしまいます。そんな時どう対処しますか??

今日・明日の2回に分けて回答していきたいと思います。
今回は前半です。
前半だけなのに、すごっく長文になっていましました(笑)。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

もっともっと深堀してみよう。

まず・・・

・食べたいものが食べられない
・食べたら動かなきゃいけない

たぶん、この2つは同じ理由だと思いますが、いかがでしょうか?
1番よくありがちな理由として挙げられるのが、「太りたくない」「太るのがコワイ」ですよね?!

もちろん、ご質問をくださった読者さまとはメルマガ上だけのつながりなので、実際の理由はわかりません。
そのため、ご質問からの推測で話を進めていきます。

もし「太るのがコワイ」という答が浮かぶなら・・・それがホントの根本的な理由だと「勘違い」していないでしょうか?

その勘違いを取り払って、さらにさらに何十倍も深堀することが、「心と向き合うこと」なのです。

上手く食べられない

なんで「上手く食べられない」?

太るのがコワイから


なんで「太るのがコワイ」?」

????

こんな順番で、自分で自分に問いかけ続けていくのです。
私たち人間は、生まれた時に「太るのがコワイ」とは思っていなかったはずです。
むしろ、「体重が増える=成長する」というプラスの意味でつかわれたいたはずです。

そして、それが、

・いつから
・どうして

「コワイ」に変わって、
生活を犠牲にするほど強力なモノになってしまったのでしょうか?

今すぐ答が出なくても
今すぐ分からなくても

それをずーーーーーーーーーーーーーーーーっと考え続けてみてください。

考え続けることこそ、心と向き合うことなのです。

そして、考え続けることを、どうか一人で取り組まないでください。
一人で取り組むと、どうしても八方ふさがりになりがちです。
そんな時こそ、治療者(医師・カウンセラー)をちゃんと頼ってみてください。

私の経験談:痩せ=自分の価値

私もそうだったなぁ~と思うことがあります。
そんな話をご紹介します。

痩せていることが、自分の価値でした。
それを確かめることで、どうにか「自分」というモノを保っていました。

痩せていることが、自分自身。
頑張っていることが、自分。

痩せていない状態になったら、「自分」じゃなくなってしまう。
頑張れなくなったら、自分が自分でなくなってしまう。

そんな価値観がとても、根強くありましたね。
これはきっとカナダ留学時代に強く持っていた価値観でもありますし、当時の生活そのものでした。

では、どんなふうに価値感が変わっていったのか?

きっと、「変わった瞬間」という黒から白になるようなハッキリした瞬間ではなく、いろんなことがいろんな場面で積み重なって、なんとなく変わっていた・・・というのが実際だと思います。

その中でも思い出すものを、とりあえず挙げてみると・・・

・何度も、痩せようとすることに失敗しました。
・痩せようとすればするほど、過食がひどくなりました。
・太りすぎて、身体のほうから「痩せ」が消えてしまいました。
・頑張らない自分がイヤでも、頑張り続けて生きていくほうがイヤだと思いました。
・過食ではなく「美味しいものを『美味しい』とおもって食べたい」と思うようになりました。
・美味しい、楽しいって思って食べるなら、太ってもしょーがない!と思うようになりました。
・ぽっちゃりでも楽しかった高校時代を思い出しました。
・過食のことを赤裸々に話しても全然離れていかない友達がたくさん居ました。

そして・・・
いつか、ふと沸いた言葉があります。

どうせ生きているのだから
食べたいモノ食べて
言いたいこと言って
やりたいことをやって
少しは笑って生きていきたい。

本当に、心底思ったのです。
カウンセラーとして仕事している今も、この想いは変わりません。

どーせ、生きているのです!

高尚な目標や、壮大な夢のために生きるのも立派かもしれないけれど、私たちは生きていかないといけないのです。
ただ、毎日を生きていくのです。

そんな時、少しは楽しいことを見つけて、笑っていきたいいきたいじゃないですか。

だから、

食べることに24時間悩んで痩せた太ったで一喜一憂していることが

もったいないと思うのです。
人生というモノで考えた時に。

痩せていたら心配してもらえる、という妄想

先日のメルマガで、摂食障害の方のホンネとしてご紹介したのが、こちらの記事です。

摂食障害の人は、ホントは「休みたい」と思っていると確信した話。

・休みたい
・立ち止まりたい
・心配してほしい
・構って欲しい

こうした気持ち、どれか1つは抱えていませんか?
もしかしたら、どれもこれも当てはまるのかもしれません。

痩せたら、心配してもらえる。
痩せたら、ツライことを分かってもらえる。

という期待だったり、

今、普通体型になってしまったら、「もう大丈夫」と思われたらろうしようという不安だったり。

今、「治ったね」と思われたら、「なんでもできる自分に戻らないといけない・・・」と苦しくなったり。

体型って、体型だけのことじゃないんです。
体重って、ただの数値ではないのです。

いつも、心がふかーく関係しています。
ふかーく関係しているからこそ、あなた自身が深堀していく必要があるのです。
それが、心と向き合うことであり、「治り方」なのですから。

治り方のご相談は、こちらからどうぞ。
お母様のみのご相談も承ります!