摂食障害の回復:「楽しかった」記憶が支えになる!

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

元気だったころは、あんなに楽しかったのに。。。
摂食障害にさえならなければ、私の人生は違ったのに。。。

摂食障害で苦しんでいる時、そんな風に「今の生活」を悲観してしまいがちですよね。

悲観することがあっても、それはOKだと思います。
同時に、「楽しかった記憶」は、回復に大きな支えになることをお伝えしたいのす。

私が摂食障害の頃、過去の栄光に浸る自分が嫌でした。

カナダ留学中、一生懸命勉強していた自分。
英語だけで生活していた自分。
見ず知らずの場所に17歳で飛び込む行動力があった自分。

もっと前には・・・
ぽっちゃりだったけど楽しかった高校時代。
たくさんの友達に囲まれていた自分。

そんな自分を思い出して、摂食障害の自分との格差を感じて、それがすごくイヤでした。

けれど・・・

イヤだと感じたことが、
摂食障害の回復が進むにつれて、変わっていきました。

必死に痩せていなくても、いいのかもしれない。
ぽっちゃりだった高校時代は楽しかったのだから。

英語を使っていなくても、何かは出来るようになるかもしれない。
だって、17歳当時は何もしゃべれなかったのだから。

そんなふうに、「あの頃に戻りたい」という気持ち以上に、「完璧じゃなくても、どうにか過ごせた過去」が、回復の支えになっていきました。

ぽっちゃりでもいい。
摂食障害真っ最中でも、同じ友達は、友達のままでいてくれました。

カナダ留学時代にお世話になった方とは、
「英語ができる私」ではなく、見ず知らずの私に親切にしてくれました。

だから・・・

上手くいかないことばかりだけれど、
治るっていうことも、
社会に出るっていうことも、
もしかしたら、出来るのかもしれない。。。

きっと、そんな気持ちが何度も何度も行ったり来たりして、何年もかけて、「信じてみよう」と思えて行ったのだと思います。

摂食障害ですべてを失ったと感じる時、過去の「楽しかった思い出」がとても邪魔に感じるかもしれません。

けれど、今がどんな状況にあっても、「楽しかった日々」を経験したのは、あなた自身のチカラなのです。

あなた自身のチカラが、今消えてなくなったわけではなく、ほんの一時期、チカラが出せない状況になっているだけなのです。

だから、大丈夫。

「楽しかった思い出」のように、いつかまたそんな日々が来るから、それだけを信じて、治るっていうことを諦めないでいてください。

治るということ。
摂食障害の回復ゴール、この2つを一緒に目指していきませんか?