【回復期の過食!?】食べても食べても止まらない時

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

・拒食から過食になってきた方
・食べても食べても止まらない方
・どんどん増える体重に怖くなっている方

に向けて役立つ情報をお届けします!

よく「回復期の過食」とよく言われますが・・・
この言葉の整理から開始したいと思います。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

そもそも、「回復期の過食」とは?

まず、医学的な用語ではありません。
きっと多くの拒食症の方が経験しているであろう「状態」を意味しています。

カンタンに言えば、

・食べても食べても止まらくなり、体重だけがどんどん回復していく時期

です。
あくまで「回復期」としているのは、体重だけの話であって、心や摂食障害そのものが回復しているとは言い難い状態です。
そこは、要注意です!

拒食だけの時期って、ホント人によってさまざまですが・・・
「食べないようにしている状態」というより、

・食べたいと思えない
・食べようと思えない
・食べることに興味がない

という状態になる方もいます。

ですが、一旦「何か」が切れて、始まると急激に食べるようになる場合が多いです。

・急に、バイキング(食べ放題)に行きたいと言い出したり
・急に、ケーキをいくつも食べたり
・急に、ずっと避けてきた脂っぽいものをどんどん食べたり

ご家族としてはびっくりするかもしれませんが・・・
ほめたり、禁止したり、そのどちらもしないほうがいいと思っています。

何より戸惑っているのは、摂食障害のご本人であり、身体と心の回復スピードの差が大きくなって、とても苦しい時期だからです。

2.「回復期の過食」は、イイですか?

上記の通り、たくさん食べるようになったからと言って、ご家族が「ほめない」ことが大事だと思っています。

過食は、症状です。

症状に
否定も
肯定も
NGです。

よくたとえ話でお伝えするのが、「発熱と同じ」ということです。

熱が出た!

という時に、

すごいね!とほめることもありません。
熱をどんどん出して!ということもありません。

ただ、熱が出ている。

それだけです。
熱が出ているので、病院に行くはずです。
「回復期の過食」であっても、接し方としては同じです。

回復期の過食も、肯定しない。良しとしない。
これが、ホントに大事です!

もし、過食が始まったばかりなら、そのまま過食症に移行していくのか、すぐに過食は治るのか。
治まるとしたら、どうしたらいいのか。

こうした正しい知識を持ってこそ、「回復期の過食」にも正しく対応ができると思うのです。
正しい知識の1つが、「治った」と言える基準を知ることではないでしょうか?

3.摂食障害が治るって、どういうこと?

摂食障害が「治った」といえる基準。
これが、いろんな本を読んでもハッキリしないことだと思います。
経験者の私からみれば、「?」とギモンが沸くような言葉も多々あります。

そこで、これまでにもブログでご紹介していますが、私は「治った基準」として、以下のように卒業を定義しています。

・症状ゼロ
・学校・仕事を安定して続けられること

この両方が半年以上続いて、はじめて卒業になります。

症状ゼロという意味は、どんどんたくさん食べることではありません。
適度においしく食べて、お腹いっぱいになったら、「ごちそうさま」が出来て、その後の活動に集中できる状態です。また、体重も痩せすぎ・太りすぎではない状態です。

もちろん、薬の服薬なしで生理が回復し、周期的に来ていることも含まれます。

そして、学校・仕事ということも、とても大事にしています。

対人関係のストレスがある状態でも、摂食障害の症状が出ないこと。

これが、ホントの回復と言えます。

「治った状態」「卒業」をハッキリさせるからこそ、「今の状態」をどうとらえるか見えてくることと思います。

・・・

摂食障害は治る病気です。
治ることが当たり前の病気です。

でも、
待つだけでは治りません。
自然治癒もありません。

正しい知識と正しい行動が必要なのです。

今の摂食障害の知識を、こちらでチェックしてみませんか?
セカンドオピニオンとしてもご活用ください。