【摂食障害の克服後リアル食生活】プリンは凍らせて食べます(笑)。

ある時、賞味期限切れになりそうだったプリンを救おうと、冷凍したのが始まりでした。

こんにちは。
摂食障害専門カウンセラー中村綾子です。

摂食障害の頃、1番知りたかったのは「治った人のリアル生活」でした。特に何を食べて生きているのか、治った後にどんな体型なのか知りたくてたまりませんでした。

そんな想いから、今回は「摂食障害の克服後リアル食生活」としてプリンの話です(笑)。

プリンは凍らせると、アイスクリームに変わる!?

*実際の写真です。冷凍庫から出してきて撮影しました(笑)。

冒頭に記載した通り、プリンを凍らせて食べるようになったのは、賞味期限切れになりそうだったプリンを救おうと、冷凍したのが始まりでした。

これにハマりました(笑)!

手順はこちら

3個入りのプッチンプリンを購入

そのまんま、「冷凍庫」へ

食べたくなったら、1個出して室温で少し放置

わずかに溶けかかったタイミングが、1番美味しい(笑)。

アイスクリームももちろん好きでよく食べますが…こうして「プリンを凍らせてアイスみたいにして食べること」もかなり好きです(笑)。

ぜひ、お試しください^^

摂食障害の克服後:甘いものに罪悪感なし

甘いもの好きですが…摂食障害に悩んでいる方の中にも甘いもの好きの方は多いですが…

甘いものに罪悪感を抱く方って多いですよね。

罪悪感という言葉が広く使われているので、このブログでも便宜上つかっていますが…

そもそも、食べることって「罪」なのでしょうか?

食べることって、何か悪いことなのでしょうか?

ホントは食べることって、楽しいこと。それだけのはずです。

摂食障害の克服後:食べても太らない身体の作り方

摂食障害の最中は、ずっと勘違いしてたように思います。

・摂食障害の治るまで
・摂食障害が治った後

という2つの区別があって、その境目で身体がどうなるのか、想像できない…と思っていました。

でも実際は、摂食障害が治るまでに身に着けた

・食べ物についての考え方
・生活スタイル
・働き方

を、「摂食障害が治った後」もずっと続けていくことでした。

摂食障害が治った後に急に人生バラ色になるわけではありません。

同時に、「摂食障害が治るまでの過程」こそが、その後の人生において、とても大切だと改めて実感しています。

「摂食障害が治るまでの過程」こそが、カウンセラーと共に歩む道のりなのではないでしょうか?

卒業クライアント様の「その後」のメールをご紹介します。

【摂食障害の卒業】「娘は受験に合格し、春から大学に進学する事になりました」

*「綾子先生、お久しぶりです」で始めるメールに涙したのはいうまでもありません^^

【無料メルマガ】摂食障害の質問ができるメールマガジン
拒食症・過食症の質問ができます。無料です。お嬢様の「治りたい気持ち」を引き出す【接し方】をご紹介しています。

摂食障害:継続コース(お母様・ご本人様)
摂食障害は治る病気です。小中学生の娘を持つお母様にご好評の継続コース。オンライン相談+メール相談で、海外在住の方からもご好評いただいています。