【摂食障害の心理】われるのが怖い。でも、嫌われる行動をしていませんか?

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

人の目が気になる。
嫌われるのが怖い。
人が離れていくのが怖い。

摂食障害に悩む方の、あるある話です。
同時に、摂食障害のお嬢様を持つお母様にも、実は多くみられるお悩みです。

でも・・・

実は、【嫌われやすい行動】を繰り返してしまっている場合が多いように感じます。

そこで、3つの質問です!

——————————–

(1)ルールを守っていますか?

(2)人に依存していませんか?

(3)言っていることに一貫性はありますか?

—————————–

いかがでしょうか?
1つずつ解説していきます。

(1)ルールを守っていますか?

はい。
これ、常識です。
当たり前です。

でも、当たり前のことが、当たり前に出来ているでしょうか?

ルールとは、
人との約束であり、
社会生活の基盤ですよね。

期限を守る
時間を守る
やっていいことと、
やってはいけないことを守る。

ただ、それだけ。
やっぱり、当たり前のこと。

摂食障害が治ることは、
「食べる」という当たり前が当たり前になること。

だから、ルールを守るということも、当たり前にできることが必要なのです。

(2)人に依存していませんか?

人のチカラを借りることと、
人に依存することは異なります。

人のチカラを借りるのは、
あくまで、自分の足で歩こうとしている状態です。

この違いを勘違いしてしまって、「誰にも話せない・・・」と一人で抱え込んでしまう方もいらっしゃいます。

依存と「頼ること」。
この違い、くわしくは23日(土)メルマガからお届けします。
無料メルマガ登録は、こちらからお待ちしております。