食事制限と心:痩せたい人が夕方にイライラする理由?


摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

夕方、イライラしませんか?
夕方になると決まって、なんだか気分が落ち込んでいませんか?
夕方に、急に「食べたい!」とソワソワ感が襲ってきませんか?
昼間はなんともなかったのに。。。

私も、摂食障害の頃、同じような経験があります。
でも、当時の私は、原因がわかりませんでした。
そして、相談先を間違えてしまったので、ますます混乱してしまいました。

そこで、痩せたいと思っている摂食障害の方が、夕方にイライラしやすい理由についてお届けします!

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

心の病気の栄養問題

夕方にイライラしやすい原因。
1番考えられるのが、栄養不足です。

カンタンに言えば、空腹です。

空腹というもの、直前のお昼ご飯の話だけではありません。
慢性的に、栄養不足になっていませんか?

さらに、慢性的に「いつもセーブしながら食べている」状態ではありませんか?

だから、いつもお腹が空いている。
夕飯が近づくような時間帯、それがピークに来る。
空腹だけれど、空腹をガマンすることが習慣化しているので、いろんな問題が発生するのです。

・空腹を感じないようにすることが当たり前になっている。
・空腹を紛らわすために炭酸水などを大量に飲むことが習慣化している
・空腹とすり替えで、イライラ・落ち込みを感じるようになる・・・etc.

多くの人が、いろんな問題を複数かかえていると思いますが、この3つ目が、「夕方にイライラする状態」です。

だから、栄養。

栄養を見直そう。
栄養を摂ること=太ることではないのですから。

食べればイライラ減少。
それって、ほんとうは1番お手軽なことではないですか?

空腹を、ちゃんと認めよう!

空腹を認めること。
きっと、この意味は一般的な人には理解できないことかもしれません。

でも、摂食障害の方の多くは、空腹そのものに、マイナスなイメージを持っています。

・たくさん食べる自分なんてみにくい
・ガマンできない自分なんてダメだ
・少量の食事ですむほうがイイ・・・etc.

だから、「お腹すいたーー!」と言えないことが多いです。

言えないから、たまる。
言えないから、感じないように努めてしまう。

今のあなたにも、当てはまりませんか?

空腹をちゃんと認めよう!
「お腹すいた!」っていうことが、悪いことじゃない^^

大丈夫。
食べても大丈夫。

摂食障害の相談先を間違えてしまった私の経験談

摂食障害の頃、ホントに辛かったです!
食べても食べても満足できない時期がありました。
夕方になると、どうしようもなく気分が落ち込んだ時期がありました。

でも、相談先を間違えてしまいました。

相談したのは、精神科クリニックと併用していた内科の主治医です。
糖尿病専門医でした。

夕方にイライラすること
食べてもぜんぜん満足しないこと

これらを話すと・・・

「キュウリでも、かじっていれば?」

ホントにそう言われたのです!
キュウリって、きゅうりです。。。

せっかく話したのに、こうしたアドバイスをもらうと、なんだか打ちのめされたように感じて、もう話すのが嫌になりました。

結局、何も解決せず、その内科クリニックをあとにしました。。

これが、摂食障害で病院にかかる時の要注意ポイントです。

上記は内科なので、仕方がないかもしれませんが・・・
素人の一般人からすれば、医者は医者。。。

だから、相談してしまう。
何かいいヒントがもらえることを期待して。

でも、、、
摂食障害の悩みって、かなり独特なのです!

心の病気ですが、身体にも直接影響がでます。
身体に影響が出ていても、身体だけを改善することは難しいです。

だから、その両方の回復、全体像をみれる人に相談することが大事なのです。

身体だけでもダメ
心だけでもダメ。

全体をみること。

摂食障害専門カウンセリングでは、あなたの身体の検査はできませんが、全体像をとらえながらお話を伺っています!
話を聞いてもらえない短時間診察に違和感を抱いていたクライアント様が、ご卒業されたお話です^^

卒業アンケートの全文をぜひご覧ください!