物で心は治らない!

2020/05/28修正

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

『モノで摂食障害の心は治らない』

・「買って!」と頼まれると、何けんもハシゴしています

・「二人で旅行したい!」というから、よく行っています。

・少しでも癒されるなら・・・と思うんです。

母親カウンセリングでは、こんな声をよくいただきます。
お母様も、娘さんの摂食障害が治って欲しくて必死だったことと思います。

でも、今、こう思っていませんか?

「治らないんです!」
「お金がドンドンかかるんです!」

残念ながら…

すべての欲求に応えることが、娘さんを受け入れることだと、勘違いしていませんか?

まずは、3つの問いに答えてみてください。

・・・・・・・・・・・

1.摂食障害とは、何の病気ですか?

2.買い続け、与え続けて、摂食障害の心に変化はありましたか?

3.金銭的に、いつまで、やり続けることができますか?

・・・・・・・・・・・・・・

きっと、お母様の中で答が出ていることと思います。
その答に、お母様自身が、ハッとされているかもしれません。

摂食障害とは、心の病気です。
たくさんの服やグッズで、部屋の中を埋め尽くしても、心は満たされません。

モノで心は、治らないのです。

摂食障害とは、言葉で伝える代わりに、食で表現してしまう病気です。

次々とモノが欲しくなるのは、心が満たされていないから。

「コレじゃなきゃイヤ!」といつも同じモノしか許せないのは、不安定な心が、安定を求めているから。

結局は、心です。
モノでは無く、気持ちを満たすのが、先です。

与えられたモノにすぐに飽きますが、「モノを手に入れる方法」はずっと大事にできます。

メールだけのやり取りから、顔をあわせる「会話」へ。
モノで満たす関わりから、心を満たす関わり方へ。

心が満たされると、必ず、欲求はおさまってきます。
心が治ると、まずは「方法」の話し合いが出来ます。

そんな変化のためにも、お母様の協力が不可欠なのです。

娘さん1人のチカラでは、難しいことも、
変わりたくても、変われない葛藤に苦しでいることも、

お母様さまからのアプローチがあれば、ずっとスムーズに「変化」を見せてくれるのです。

新年を迎える前に、きっかけをつかんでいきませんか?