【お母様へ】摂食障害のお嬢様の「病院に行きたくない」を受け入れるリスク

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

「娘が病院に行きたくない」っていうんです。
「体重●kgになったら入院と言われるのを嫌がります」
「行っても分かってもらえないから。。。」

こうした声、お母様方から、よくいただきます。

でも、「行きたくない」を許してしまっていませんか?

そんな時ご自身に問いかけてほしい、3つの質問です。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

(1)他の難病でも「行きたくない」を受け入れますか?

コレ、忘れがちです!

摂食障害は、心の病気です。
そして、摂食障害は【難病】です!!!

他の身体の病気にも、いろんな難病があります。

他の難病なら、「行きたくない」という言葉をそのまま受け入れるでしょうか?

(2)心のどこかで、「そのうち治る」と期待していませんか?

自然治癒に期待したい気持ち。
新しい環境なら、治るかも!?と思いたい気持ち。

きっとお持ちだと思います。

「そのうち治る」と思ってしまうから、「病院に行きたくないなら、行かなくてもいいのかな・・・」と思ってしまうのではないでしょうか?

(3)10年後、20年後も、同じ生活が続くことをリアルに想像していますか?

今、お母様は何歳ですか?
今、お嬢様は何歳ですか?

それぞれの年齢に、プラス10、プラス20をしてみてください。

さらに、リアルに生活を想像してみてください。
「プラス10」の年齢で、今と同じ生活をしていることを。

きっと、ゾッとするはずです。

———

摂食障害の専門家を見つけるのが、大変なのは分かります。
私も経験者ですから。

でも、探し続けない限り、出会うことはありません。

どうか、諦めないで探し続けてください。
どうか、自然治癒に期待しないでください。
どうか、治ることに希望を持ってください。

早すぎる安心も
ヘンな安心も
良くないですが・・・

摂食障害が治るとは、食べることも心も自由になることなのです!
治るっていうことが、どんなにラクになることか知って欲しいのです。

新規カウンセリングは、明後日5月14日(火)締切です。