【拒食の回復】体重40kgの壁が1番ツライ

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

体重40kgになる時が、1番コワイ理由

なんだか、ちがうんですよねー。
「何が」というより、すごい違い(笑)。

40.0kgになるくらいなら、
39.99999kgでいたい。

そう切実に願う気持ち。

30kg台は「やせ」の世界で、
40kg台に突入すると「ふつう」の世界に入ってしまう。。。

そんな感じは、私自身は抱いていましたねー。

これは「感覚」なので、きっと、拒食症を経験した人ではないと、分からないことだと思います。

体重40kgはぜったい必要な体重

摂食障害の卒業基準の1つ。
症状がゼロになること。

これは「気にせず食べられる」という気持ちの面だけではありまsねん。
症状がゼロとは、身体もフツーになっていること。

見た目がフツー。
生理もフツーになっていること。

つまり、薬なしで自然に回復して、周期的に来ていること。
それが、摂食障害の卒業なのです。

ほとんどの身長の場合ですが・・・

体重40kgは、ぜったい必要な体重だと思っています。

体力と体重は、かならずしも比例しません。
ですが、体重40kgを下回っていれば、体力はぜったい不足していると断言できます。

体重の回復に入院は必要なのか?

結局・・・
体重を増やすも減らすも、「食」なのです。

今回は拒食の話題なので、増やすことについて書いていきますが・・

体重を増やすには、食べること。
それしかありません。

つまり、
家で食べるか、
入院して食べるか。

場所のちがいだけです。

ただし、命にキケンがある場合は、入院が必須です!

カウンセリングに、体重に効果があるのは・・・

・食べることへの考え方を変えること
・カロリーへの考え方が変わること
・太ることへの恐怖や不安が解消・軽減していくこと

などが、期待できます。

けれど、カウンセリングで、体重そのものを増やすことはできません。
なぜなら、「食べる」という行動は、あなた自身が「やる」ことです。

今回の「体重40kgの壁」について、摂食障害専門カウンセリングは何ができるか?

・体重40kg当時の私の写真が見れます(笑)
・体重40kgだった頃の、私の身体感覚をお伝えすることができます。
・食べることの楽しさを共有することはできます。
・食べても太らない身体作りの話
・体重の増減を繰り返してしまうデメリット
・低体重で居続ける時にひそむメリット
・「治りたくない」という気持ちを掘り下げること・・・etc.

といったことが出来るのです^^

体重が増えていく恐怖
増えたくないという気持ちが強くなっていくこと。
これが、体重40kgのタイミングで、1番強くなると思っています。

だからといって、40kgを越えたら、パラダイスが待っているわけでもありません。

急に体がラクになるわけでもありません。
急に生理が回復するわけでもありません。

だから、回復って、嫌になるほどツライですよねー。

そんな時、少しでも「嫌になる気持ち」を共有できる場所があったら、気持ちがずっと楽になると思いませんか?

それが、カウンセリングなのです。
摂食障害専門カウンセリング、間もなく締切ます!