摂食障害の治療にギモンを持つお母様へ

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

体重が増えれば、考え方が変わる。
体重が普通になれば、過食も起こらない。

何度、言われ続けたことでしょうか。
その場所は、大学病院精神科。

当時、私は、特にギモンを持っていませんでした。

大学病院という場所で
白衣を着た医師という人がいて
そこで繰り返し言われる言葉だったからです。

同時に、
私の拒食・過食でぼーっとした頭は、きちんと考えられなかったと思います。

だからこそ、摂食障害のお嬢様以上に、お母様が、治療にギモンを持つということの大切さをお伝えしたいのです。

体重だけを増やす治療に、ギモンを持っていますか?
体重が変わったら、心もホントに変わりますか?

きっと・・・

「病院で、そう言われたから・・・」というのが、答ではないでしょうか?

摂食障害のお嬢様よりも先に、まずは《お母様から》治療にギモンを持ってください。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

なぜ、《お母様から・・・》なのか?

・摂食障害による栄養不足の心身では、適切な判断が出来ないことがあります。

・お嬢様の年齢によっては、「目の前の大人」が世界のすべてと認識してしまう可能性があります。

・お母様が、お嬢様が生まれてからずっとみてる1番ちかい存在だからです。

私自身は、摂食障害の本人として、ホントに判断できませんでした。

ずっとメンタル系の薬を飲んでいましたので、いつも頭がボーッとしていました。
ずっと拒食・過食だったので、エネルギー不足も慢性化していました。
ずっとイライラしていたので、冷静に考えることはできませんでした。

だから、お母様こそ、冷静に考えてほしいのです。

摂食障害の治療は、「ワラにもすがる思い」よりも、選択する・利用する

情報を鵜呑みにしてしまう。
大学病院という権威にすがりついてしまう。

お嬢様の摂食障害がなかなか回復していない時こそ、こんな状況に陥ってしまうかもしれません。

でも、摂食障害の治療者は一人ではありません。
そして、摂食障害の考え方は、バラバラです。

だからこそ、お母様が納得した上で《選択》してください。
そして、《選択》したものを、《利用》してください。

《利用》とは、すがりつくこととは異なります。
《利用》とは、前に進むためのエネルギーに変えていく方法です!

母親カウンセリングも、《利用》の1つです

お母様の気持ちが変わり
お母様の行動が変わり

お嬢様の気持ちが変わり
お嬢様の行動が変わる。

母親カウンセリングを通して変化していく順番を、こんな4段階でお伝えしています。

カウンセリング開始時には、
「私の何を、どう変えたらいいのでしょうか?」というお母様方が多いです。

ですが、、、

これまで、執着していた「何か」を手放したり。
これまで、イライラし続けてきた「何か」に気づいたり。
これまで、忘れがちだった「感謝」が沸いてきたり。

いろーーーーんな変化が起こっていきます。

すると、、、

お母様の気持ちが変わり
お母様の表情が変わり
お母様の、言葉が《自然に》変わっていきます!

その変化を、1番喜んでいるのは、摂食障害のお嬢様なのです。

だから、お嬢様の自発的な変化がはじまるのです!!!
詳しくは、6月25日(火)メルマガ読者様限定でお届けします!

メルマガへのご登録は、こちらからお待ちしております。