摂食障害よりツライ、摂食障害の病院・カウンセリングの「選び方」。

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

摂食障害という病気そのものよりも、希望を持てる病院・カウンセリングに出会えないことが、とてもとても辛かったです。

理由は、
治る指針となるものが何も見えないままだったからです。

何を
どうしたらいいのか。

何を
どれくらい
どんなふうに
考えたらいいのか。

今、抱いている感情は、
摂食障害の「回復」なのか、
それとも摂食障害の「悪化」なのか。

誰も教えてくれず
誰にも、心底頼ることができず。

さまよってばかりの時期が、とてもとてもつらかったです。

その辛さは、
太ることが怖いと言い続けた時期よりも
この先、どうやって生きていくんだろう?と不安に襲われた時よりも

もしかしたら、
ずっとずっと大きな辛さだったのかもしれません。

だから、摂食障害から回復した私が、欲しかったカウンセリングの形を実現しました!

摂食障害専門カウンセリング5つの特徴

1.心理学に基づいたカウンセリング

2.「見える化」します!

3.1日最大4枠です。

4.女性限定です。

5.卒業を目指すカウンセリングです。

以下では、摂食障害時代にイヤな想いをしてきたからこそ、カウンセラーとして込める想いをおとどけします。

1.心理学に基づいたカウンセリング

私が、カウンセラーになりたいと思ったのは、小学生の時です。
不登校だったので、分かってくれる相手・話を聞いてくれる相手を、心底欲していました。

カナダに単身留学したのも、カナダでスクールカウンセラーになりたかったからです。

もちろん、母校・ビクトリア大学での専攻は心理学でした。
卒業・帰国後、日本の大学院に入学したのも、日本で臨床心理学を学ぶためでした。

スクールカウンセラーという当初の夢から、カタチは変わりましたが、心理学・臨床心理学を基礎から学んできたからこそ、今の摂食障害専門カウンセリングがあります。

「経験者カウンセラー」

これを魅力だと言ってくださるクライアント様は、大勢いらっしゃいます。
実際、うつ・夫婦関係・恋愛関係・摂食障害・不登校・・・といった経験を持つ「経験者カウンセラー」の方は、多くいらっしゃいます。

でも、摂食障害の背景は一人ひとり異なります。
そして、回復に至るまで、様々な心の揺れ動きには、とても慎重に接していくことが必要だと考えます。

ですから「経験だけ」では、繊細な心を扱うことは難しいのではないでしょうか?

私は、心理学・臨床心理学といった確かな知識をもとに、摂食障害専門カウンセリングをご提供しています。

2.「見える化」します!

たとえば、こんな図解。

摂食障害の心は、とてもフクザツです。

だから、図解・イラストで「見える化」しています!

さらに・・・
ウツウツとした気分の時
いろーんな話を聞いても
たくさんの文字をみても
なかなか頭に入りにくいことはないでしょうか?

だからこそ、パッと見て分かることが大事!だと考えます。
そのための「見える化」でもあるのです。

3.1日最大4枠です。

これは、ホントに当オフィスがこだわっているところです。

・流れ作業の診察やカウンセリング
・人混みの待合室
・長時間の待ち時間
・いかにもお疲れの主治医の姿
・バタバタと人が行き交う受付・・・etc.

私が、摂食障害時代に感じた「イヤなこと」です。

だから、余裕を持ってカウンセリングをご提供するためにも、1日最大4枠に限定しています。

さらに、

・完全予約制なので、待合時間はありません。
・待合室もありませんので、他の患者さんと顔を合わせることもありません。
・1回50分間のカウンセリングは、あなたのためだけの時間です。

安心してお越しくださいね^^

4.女性限定です。

コレも・・・大事なところです。

残念ながら、摂食障害の悩みはデリケートなのに、治療者(医師・カウンセラー)は男性が多いんですよね。。。

お腹ぽっこりがイヤでたまらない
体重が増え続けて、怖い
自分だけが太っているんじゃないか・・・

頭でわかっていても
心が、どーーしても納得できない。

心を変えようとは思っているけど、思っているはずなのに、変わっていかない心にイライラする。。。

真摯な治療を行っている男性治療者もいるとはおもいますが・・・
やっぱり「男性」には話しにくいことも多いと思っています。

そういうことも、私も経験しています。
摂食障害の経験者として
女性として。

だから、女性限定はとても大事なことなのです。

5.卒業を目指すカウンセリングです。

この考え方に共感してくださるクライアント様が、最近とても増えています!
私としては、ホント嬉しいです!

摂食障害が良くなったり、悪くなったりを繰り返す理由。
それは、「ちゃんと治っていないから」です。

多くの場合、再発ではありません。
まだ「治る途中」なのです。

だから、ちゃんと治ろう。
ちゃんと卒業しよう。

・摂食障害の症状ゼロ
・学校・仕事がムリなく続けられる

これが、当オフィスの卒業基準です。

「ちょっと良くなった」
「なんとなくいいかも・・・」

だけを目指す、医師・カウンセラーがほとんどです。

でも、私は、摂食障害の経験者として、長年苦しんできた身として、それだけではダメだと思っています。

卒業を目指すカウンセリングの詳細は、こちらです!

7月1日受付再開です。