摂食障害の卒業までの道のりとは。期間は?どんなふうに回復するの?

2020/05/28修正

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

摂食障害が治ること。

それは、漠然と考えると、よくわからないことだと思います。

よく分からないからこそ、たくさんの勘違いをしている方が多くいらっしゃいます。

よくある勘違いの一例を挙げると

・体重を気にしなくなること
・「太った自分」を受け入れること
・人の目を気にしなくなること・・・etc.

摂食障害が治るとは、上記のようなことではありません。

体重を気にせず、無限大に太るのは健康的ではありません。
「太った自分」を受け入れ過ぎてしまって、数十キロ太ってしまうことはオススメできません。

社会の中で生きていくのなら、「人の目」は気になるものです。

だからこそ、

当オフィスでは、摂食障害の卒業を以下のようにハッキリとお伝えしています。

・症状ゼロ
・安定して学校・仕事を続けられること

これらの両方が半年以上続いた時、はじめて卒業となります。

そこで、いろんなギモンが沸くと思います。

・卒業まで、どれくらいの期間がかかるの?
・どんな人が早く卒業していくの?
・卒業まで、症状はどんなふうに変わっていくの?

ギモンですよねー。
私も、初めて拒食症で入院した時、「今の状態」から「退院時」が、ぜんぜんつながらなくて、謎だらけでした。
(当時の私は、退院=卒業、と思い込んでいたようですが・・・^^;;

だからこそ、摂食障害の卒業に関するギモンについて、くわしくお届けしたいと思います。
ご希望の方は、無料メルマガにご登録ください。