公認心理師の受験勉強:問題集と勉強法《その2》

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

公認心理師の試験勉強、真っ最中です。
勉強記録や、日々の試行錯誤をリアルタイムで更新しています!

・2020年の試験に向けて勉強中の方
・公認心理師という資格が気になる方
・社会人の勉強法について悩んでいる方・・・etc.

などに、参考になればうれしいです^^

あたらいい問題集の購入前、無料サンプルがオススメ

その1では、問題集を変えるという一大決心をしたところまで書きました。

公認心理師の受験勉強:問題集と勉強法《その1》

SNS上で好評コメントをよく見ていたので、『公認心理師要点ブック+一問一答』(通称:ペンギン本)は、気になる存在でした。

ぺんぎんとは、この子(笑)。

すぐに購入する前に、無料サンプルで読んでみました!

理由は、友人から教わった「本の読み上げ機能」がかなり習慣化していたからです。

無料サンプルを手に入れる方法を、アマゾンのサイトでカンタンに説明しますと・・・

1.Kindle判(電子書籍)を選択

2.「無料サンプルを配信」が表示される

3.「無料サンプルを配信」をクリック

4.自分のスマートフォンなどのkindleアプリに、無料サンプルが届いています!

無料で読めるページ数は、限られています。
でも、私の頭の中で1番整理がつかず困っていた「心理学史の流れ」は、ペンギン本では図解されていました!!!

この図解が、いい意味で衝撃的だったのです。
その後、しばらくの間、勉強時間のはじまりには、かならず白紙の状態からこの図解を自分でかけるように、訓練していました。

これは、本当によかったです。

心理学史の図解に感動した私は、ペンギン本の購入を決め、紙の本を購入しました。でも、実際に紙の本で、勉強するのはもう少し後になります。

2019年9月13日:第2回の合格発表日に、新たな決意をする

13日の金曜日に合格発表なんて・・・という声がちらほら(笑)。

そーですよね!とはげしく共感しながら、合否の報告がとびかっているSNSに、1年後の自分を重ね合わせながら、一緒にドキドキしていました(笑)。

公認心理師の受験を昨年見送っていた理由の1つは、「情報がどこにあるのか、さっぱり分からなかったから」です。

でも、SNS上に最新情報が1番たくさんあるのかもしれない、という手ごたえを感じるようになりました。

そこで、自分の中でSNSを公認心理師の勉強アカウントとして、位置づけをし、フル活用していく決意をしたのでした。

公認心理師の勉強法に、さまよう日々

公認心理師の情報がほぼゼロだった時から、いろんな情報が入ってくるようになったのは、大きな変化であり、進歩だったと思います。

ですが、勉強法について、どんどんさまよっていきました・・・

・過去問だけで合格しました!という方
・通信講座を聞き流すだけで合格!という方
・現認者講習会テキストは不要という方
・現認者講習会テキストを●回読んでよかったという意見
・試験対策ではなく、いろんな教科書で深く勉強するべし!という意見
・勉強したのに、2年連続不合格、という方・・・etc.

いろーんな意見がありました。
もちろん、一人一人経歴もちがえば、年齢もちがいます。
今の状況(勤務形態・家族の有無・介護の有無・・・etc.)もぜんぶ違います。

でも、●●だけで合格!という言葉は、とても魅力的で、「そんな風に合格したい!」とおもう一方で、合格率がとても気になっていました。

第1回:79.1%
第2回:46.4%

シーーーーン・・・・という静けさだけが、心に広がっていきました(涙)。
そこで、分野は異なるものの、自分の受験生時代を振り返って考えてみることにしました。

学生時代の受験勉強を振り返ってみる

私は、高校3年生からカナダに単身留学し、大学卒業後、日本に帰国しました。
日本の大学受験は経験していません。

そのため、自分が振り返りとして活用できるのは、高校受験・大学院受験の2つになります。

◆高校受験の勉強法を振り返る

学習塾に週2~3回通っていました。

私の勉強好きがはじまったのは、この塾のおかげです!

取り組んでいたことを挙げるなら

・塾の授業
・塾の問題集
・学校のプリント(中学は地元公立中学)
・通信講座(ちょっとマイナーなポピーをやっていました)の一部

という感じだったでしょうか?

記憶が曖昧ですが、夏休み・冬休みは、朝6時に起きて、塾の講座に行く以外は、ずーっと自宅で勉強していたと思います。

とにかく書く!
とにかく沢山解く!
きれいなノート作りは一切やらなかったですが、覚える時は書きなぐるように、ひたすら書いていました。

熟の授業では語呂合わせなど、たのしいことが多かったので、それはフル活用。
さらに、何かを覚える時は、単語カードをよく使っていました。

中学卒業まで、学校ではずーっといじめられていました。
一方で、塾では他の中学の友達がたくさんできました。

なので、学校では息をひそめて過ごし、エネルギー消耗も最小限につとめていました。
学校が終わった時間から受験勉強だったように思います。

まとめると、高校受験はひたすら量をこなす、ということを愚直なまでにやり続けたといえると思います(笑)。

◆大学院受験の勉強法を振り返る

私の場合、ちょっと特殊な事情アリの大学院入試の勉強でした。

1番目は、日本語があやしくなっていたから。
2番目は、カナダ在住で、情報が限られていたから
3番目は、受験の常識から離れすぎていたから

ホント大変でした!

臨床心理士を目指して、日本の大学院に行こう!
こう決めたのは、留学の途中でした。

いつでもどこでも、いきなり思いたつのは、今も相変わらずですが、その時は国も言葉もちがう中で、思い立ってしまったのです(汗)。

心理学をゼロから学びはじめたのは、カナダに留学してからです。
すべての専門用語は、英語。
すべての心理学者の人名も、英語。

日常会話の日本語もあやしい中、心理学を独学で日本語で学び直す、という苦行がはじまりました。。。

問題集も何を使ったらいいのか分からず、

高校時代の親友の彼氏のセンパイという、とんでもなく遠いつながりの方が、大学院生でとてもとても親切にいろんなことを教えてくれました。

メールで、教科書一覧を分野別にして送ってくださったのです!!!

その一覧をもとに、ネットから注文し、名古屋の実家に届く(もしくはセブンイレブン受け取り)ようにして、実家からカナダに送ってもらいました(なんて、時間のかかることを・・・・)。

カナダの大学では、勉強がとてもハードでした。
毎日毎日、図書館・授業・家の三か所だけの生活。
その上で受験勉強が、しかも日本語ではじまってしまったのです!

今でも覚えているのが「夜10時にはじまる受験勉強」。

もうクタクタ。
でもやるしかない。

書けない漢字ばかりで、泣かされながら、入手した限られた問題集・教科書をひらすら読んで書くを繰り返してしました。
途中、一時帰国した際、過去問の閲覧をしたように思います。

そこで、和訳・英訳の訓練は、自分で書いてみて、自分で答え合わせをしたり、教育学という未知の学問には教科書を一応読んだけど・・・・という状態でした。

卒業して、日本に帰国したのは、大学院入試の1ケ月前。

実家で暮らしながら、真夏の日差しものも、図書館に自転車で毎日通っていました。
毎日通うものの、1日置きに、「勉強ができない日」がやってくるようになりました。

勉強しよう!と思うと気持ち悪い。
勉強しよう!と思うとクラクラする・・・etc.

受験当日まで、とにかく漢字がかけるようになるか心配で心配で、ひたすら「書く練習」をしていました。

まとめると、大学院入試の勉強法は

・限られた教科書・問題集を使い倒す
・ひたすら書く
・何もかも独学

でした。

カナダ留学6年で、浦島太郎状態でしたので、滑り止めを受ける・予備校にかよう、という発想すらまったくありませんでした。。。

過去の勉強法からの気づき

上記のように、過去の勉強法をイロイロ振り返って、1番気づいたこと。

それは、「●●だけやって合格!」という人を、私は頭のレベルがちがう、ということ。

いつも相当な勉強量をこなして、ようやく並になること。
並以上を目指すなら、すんごく勉強することが必要な人、ということでした。

この気づきで、「カンタンに合格する方法」を探る時間は、キッパリと捨てました。
カンタンではなくても、今の自分が確実に合格するために、やれるだけのことはやり尽くす!
そんな覚悟ができた時でもありました。

さらに、過去の受験生時代と大きくことなるのが、

・仕事あり
・自炊あり(カナダで自炊でしたが超・節約生活でした)

という2つでした。

こうしたことの両立が、その後もずーっと大きな課題になっていきました。

まずは過去問!というアドバイス

まだまださまよい続ける中、SNS上ではホント皆様が親切で、優しくアドバイスを書いてくださいました。

何から手をつけていいか分からない・・・という私に、複数の方から、「まずは過去問!」というアドバイスをいただきました。

そこで、第1回&北海道試験(追加試験)をプリントアウトして、スタバで解く、という生活が始まりました。

過去問のやり方も様々で、私は今も試行錯誤している部分があります。
とりあえず、この頃に取り組んだ方法は、以下の通りです。

1.午前分だけ、ざーっと解く
2.丸バツをつける
3.一旦休憩
4.バツだった箇所や「?」のところは解説本を読む

という「1~4」を、別日に午後の分をやる、という方法でした。

でも、これで「分かったつもり」になっていたことは、最近(2020年1月)に判明していくのでした。。。

現認者講習会テキスト購入

現認者としての受験(いわゆるGルート)の場合、現認者講習会の受講が必要です。

そのためのテキストは、事前に各自で購入する必要があります。
(会場によっては、当日販売もあるみたいです)

このテキストが・・・
ぶあつい。。。
分かりにくい。。。

淡々と、ずーっと。
びっしりと、ずーっと。
書いてあります(涙)。

私が現認者講習会を受講したのは、11月末からの4日間でした。
それまでに、一通りは読みました。

勉強場所さがし:カフェと大学図書館


勉強場所さがしは、結構ながく続きました。
2019年11月中旬くらいまで、かなりイロイロ見学に行ったり、問い合わせたり。

利用した場所をあげていきます。

◆スターバックス

勉強を開始したばかりの頃は、かなり多用していました。

でも、食べるものに飽きたり、トイレに不自由したり、混雑していたり。。。

いろんな理由で、だんだん足が遠のいていきました。

◆大学図書館

ココは静か!!
しかもコンビニもある!
買ったものを食べられるスペースもある!

ということで、とても好条件がそろっていたのですが・・・

・遠い
・日曜や大学の休暇中は、閉館

という理由から、あまり行かなくなってしまいました.

◆コワーキングスペース

個室ではないものの、単発利用できるところをみつけました。
土日不可など、いろいろ制約はあるものの、今後も時々利用しようと思っています。

コワーキングスペースは、名古屋市内にはいろんな会社が開設していますよね。

自分のオフィスを持たない起業家がレンタルオフィスを設けたり、移動が多い方のための会議室・作業場所になっています。

その他、コワーキングスペースを月契約しようかとても迷いましたし、有料自習室で固定席を摂ることも魅力に感じました。

ですが、結果的には、長期契約しなくてよかったと思っています。

2020年1月現在では、過去問に取り組む時、複数の解説本や問題集と見比べる作業を大切にしています。
そのため、ぜんぶ持参するとなると、かなりの大荷物になってしまいます。

今は、基本的には、自分のカウンセリングオフィスか自宅で、勉強しています。

現認者講習会前:ブログのスケジュール化を開始

現認者講習会の前、とても緊張していました。

欠席不可
遅刻不可
4日連続・・・etc.

ふだんから月末はイロイロ忙しいのに、そのタイミング。。。

そう思い、仕事のほうも見直さなければと思いました.
その1つとして、このブログを、いつ書くか?というスケジュールをエクセルで作ることを開始しました。

1.エクセルでカレンダーみたいな表をつくる
2、日付の下に、ブログの日付を書く
3.ブログを予約投稿したら、表から数字を消す

これまでも手帳に書いていることはありましたが、他の予定とごちゃ混ぜになり、上手くいきませんでした。

このエクセルを取り入れた方法は、とても見やすくなり現認者講習会が終わった後も、活用しています。

受講前は、緊張していた現認者講習会でしたが、実際はかなり楽しかったです!
その話も含め、その3につづきます。


こちらのページで公認心理師試験に関するブログ記事一覧をお読みいただけます。