拒食から過食になるのを防ぐ3つの方法

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

・拒食症で、食べ始めたら止まらなくなったらどうしよう!?と不安を抱えている方
・拒食の人は、みんな過食症になるの?とギモンのお母様
・過食になる・過食にならないは、どう決まるか分からない方

という方に向けて、役立つ情報をお届けします。

結論から言いますが、拒食症から過食症になる方は、とても多いです。
摂食障害の卒業するまで、「過食になるか、過食にならないか」は判断できないです。

そして、過食というのは、ある日突然はじまるものですから、何年も拒食だけであっても、急に過食がはじまる場合もあります。

ちなみに、私自身は、拒食から過食・過食嘔吐になりました。
といっても、過食は単発で起こっていたので、制限した食生活の中に、時々バン!と大量に食べてしまう過食や過食嘔吐があった、という感じでした。

今回は、拒食症から過食になるのをふせぐ3つの方法をお届けします。

拒食の時期を1日も短くすること

ここでいう「拒食の時期」とは、栄養状態が充分ではない時期をさします。

栄養状態が悪い日を、1日でも短くすることが、過食をふせぐことにつながります。
同時に、生理がない時期も1日でも短くし、早く生理を自然回復させることです。

大事なのは栄養状態が満たされた上で、生理が自然に回復するというプロセスです。
薬で人工的に生理を起こしてることは、本当の回復とは言えません。

では、なぜ栄養状態を早く回復させることが、過食になることを防ぐのかをお伝えしていきます。

それは、過食は2つの側面から起こるものだからです。

カンタンに言うなら、

体の過食
心の過食

という2つです。

心の過食を防ぐ・止めるには、過食の根本問題の解決改善が必要です。
これは専門家とのカウンセリングになります。

そのため自分だけでできることに限定するなら「身体の過食」を防げるのです。

栄養状態を改善させることで、身体の飢餓状態からの反動という過食を防ぐことができます。

誰でも喉がカラカラになれば、水を飲んでも飲んでも足りないと感じるように、体が飢餓状態が長く続けば食べても食べても食べても足りないということが起こり得ます。

そのため、体からの過食だけは自力で防ぐことが可能になるでしょう。

過食を恐れすぎないこと

「過食を恐れすぎない」

これは、引き寄せの法則ともいえるかもしれません。

過食なりたくない、なりたくない、なりたくない・・・
過食になったらどうしよう!?
過食は怖いって思っていると・・

ほぼ確実に過食になってしまうわけです。

なぜなら「過食にならないようにしよう」というのは、過食になる自分をイメージしていることだからです。

たくさん食べたらどうしよう
食べてしまう自分
食べるのが止まらない自分
異常に太ってしまう自分・・・etc.

などを、リアルにイメージしてしまっているのではないでしょうか?

イメージしているから現実になっているのです。
過食を恐れすぎないこと。

上記の通り、自分でできる栄養改善はいち早く自分でして生理も健康的に回復させていきましょう。

過食になっても、治るから大丈夫!

過食になっても大丈夫!
治るから、大丈夫!

これは、カウンセラーとして経験者として、本当にお伝えしたいことです。

決して、

拒食より過食の方が楽だとか
過食になったら早く治るとか
そういう意味合いではありません。

過食は過食のつらさがあります。
私も経験しています。

過食が止まらない恐怖とか
体重だけが回復してしまう心の辛さとか
体力回復してるのに集中力や体力が戻らないとか・・・そういう辛さは、拒食の時には経験さえできないことだと思います。

ですが、過食症になったから終わりではなく、一旦体重が増えたから終わりでもありません。

過食症は過食症で、治ればいいのです。
治る可能性が十分にあります。

そのために、自分でできる栄養改善だけではなくぜひ専門家の力を借りていきましょう。

摂食障害専門カウンセリングはこちらです。