コロナでも摂食障害専門カウンセリングは、通常通りの3つの理由

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

・コロナの影響で過食がひどくなっている方
・ニュースを観て心がザワザワしている方
・開業カウンセラーを目指す方

などに向けて、役立つ情報をお届けします!

現在、摂食障害専門カウンセリングでは、通常通りカウンセリングを行っています。
このブログ記事は、現時点での状況・考えに基づいて記載しています。

ただし、今後の状況次第で変更になる可能性がありますことを、あらかじめご了承ください。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

理由1:コロナ最中でも、病気になれば病院に行くから

病院、行きますよね?
行きかえりの感染リスクを感じていても、病気になったり、怪我をしたら、病院には行くはずです。

カウンセリング=病院

と考えていれば、カウンセリングは通常営業にもギモンは無いはずです。

理由2:摂食障害は、命にかかわる重大な病気だから

外出するかしないか、という判断は、今の悩み・抱えている問題の重大さによってかわると思います。

例えば、私は今ドライアイ(目の乾き)で困っています(笑)。
でも、市販の目薬で対応できるので、眼科に行きたいと思いながらも行かないことを選択しています。

ですが・・

摂食障害の場合、命にかかわる病気です。

「今の悩み・抱えている問題の重大さ」が1つの判断基準になると思っています。
だからこそ、カウンセリングは通常通り行っています。

理由3:カウンセリングは待合室なしの1対1の関わりだから

普段から感じていることですが・・
病院の待合室って、悪条件がそろっていますよね。。。

・大人数
・長時間
・密集
・病気の人ばかり・・・etc.

そのため、待合室はある意味、リスクが大きい場所かと思っています。

ですが、当オフィスの場合、待合室がありません。
事務所利用OKのマンションです。

そのため、クライアント様は、他のクライアント様と顔を合わせることがありません。
1ケ所に、大人数で長時間密集する・・・といった場面はありません。

もちろん、カウンセリングは1対1ですから、「不特定多数の人と関わる」こともありません。

こうした点が、カウンセリングを通常通り行っている理由です。

ただし、例外は認めています

上記の通り、現時点では当オフィスは通常通りカウンセリングを行っています。

ただし、ご要望をいただいた場合に限り、個別に対応を検討しています。

理由は、クライアント様のお住まいの地域が、全国各地にわたっているからです。

・お住まいの地域のリスク
・カウンセリングまでの交通機関
・行きかえりにかかる時間

は、ホント様々です。

そのため、一律対応ではなく、個別に検討させていただいています。

例えば、継続コースは、月1回以上、名古屋カウンセリングを受講していただくことになっています。

ただし、個別のご要望があれば、すべてZOOMへの変更を認めています。

お顔の表情を確認しながらカウンセリングを行うことは、とても大切だと思っています。
そのため、変更はZOOMのみ可能と考えています。

ZOOMの使い方は、こちら