「知る」だけで摂食障害が治ると思っていませんか?

2020/05/28修正

名古屋市・刈谷市
拒食症の母娘が笑顔になるカウンセリング
中村綾子です。

ヨガの本、いろいろ持っています。

本屋さんに行けば、さまざまな種類のヨガ本を立ち読みします。

けれど、「読むだけ」「見るだけ」では、何も身につかないんですよね。

ヨガスタジオなら、先生のポーズを見ながら、初めて実践できるんです。

その時初めて、「効いているかどうか」が分かるんですよね。

私のヨガ本のように、摂食障害に関しても、「見るだけ」「読むだけ」になっていないでしょうか?

カウンセリングのお問い合わせや、メルマガのご感想の中に、こんな言葉をよくいただきます。

————————–

ブログを読んで、自分も勉強していきます。

書いてあった言葉を、使うようにしました。

「変わらなければ・・・」と思うようになりました・・・etc.

————————–

あなたも、同じような言葉を口にしていませんか?

「読むだけ」
「見るだけ」

その後に出る言葉は、
「頭では、分かっているのに、つい・・・」
「頑張ろうって思うのに、やっぱり出来ない」ではないでしょうか?

その状態になってしまうのは、決して、あなたが悪いわけではありません。

ただ、やり方を、ちょっと変えていく必要があるだけです。

まず、知識と行動の違いに気づいていますか?

「行動」して初めて、「成果」につながるのです。

こんな例で考えてみます。

【お母様の例】食べることに、口出しするのは辞めよう

この場合、「口出しを辞める」が、「行動」です。

そこに至るまでに、段階を踏んでいきます。

==========================

1.「食べろ」と言ったところで食べれるようにならないと知る(知識)

2.「好きなものから、食べていればそれでいい」と思えるようになる(気持ちの変化①)

3.食べていても、食べていなくても、気にならなくなる(気持ちの変化②)

4.口出しを辞める(行動)

========================

いかがでしょうか?

「知る」だけでは、「行動」に移せないのは、当然なんです。

「気持ちの変化」があってこそ、「行動」が確かなものになるのではないでしょうか?

考え方を変える、異なる価値観を受け入れることは、決してカンタンではないかもしれません。

けれど、摂食障害が治るために、今、そのタイミングに来ているのです。

お母様の揺らぐ気持ちは、こちらでサポートしています。