【摂食障害】そもそも、摂食障害はどんなふうに治っていくの?(図解)

回復してきているのかどうか分からない。
治っているのか、悪化していくのか分からない。
このまま自然治癒していくのかな・・・

摂食障害の「治り方」に、漠然とした不安を抱いていませんか?

改めまして、こんにちは!
摂食障害専門カウンセラー中村綾子です。

私は拒食・過食・過食嘔吐を経て、約7年で摂食障害を克服しました。
2013年から摂食障害専門カウンセラーとして、全国各地・海外在住の方からカウンセリングのご依頼をいただいています。

【長文】摂食障害専門カウンセラーの摂食障害歴はこちら

現在は、国家資格・公認心理師を取得しました(合格の様子(笑)

今回のブログ記事では、改めて摂食障害の治り方・治る道筋についてお届けします。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

摂食障害の「治り方」が分かると、こんな疑問が解決します。

(1)どうして、「治そう」という気持ちにならないの?
(2)どうして、摂食障害はこんなに時間がかかるの?
(3)どうして、「治った」と思ったのに、すぐぶり返すの?

この中の1つでも、抱いたことがある疑問なら、今回のブログ記事をじっくりお読みくださいね^^
以下では、(1)~(3)を1つずつ解説します。

摂食障害の回復:どうして「治そう」という気持ちにならないの?

摂食障害の回復を、大玉ころがしと同じ、と思っています。

運動会でやる、アレです(笑)。

平坦な運動場でも、大玉ころがししながら、まっすぐ進むのは結構大変ですよね。
健康の時でも大変でした。

それが摂食障害の「治る道のり」です。

つまり・・・

摂食障害の回復とは、
大玉ころがしをしながら、上り坂をのぼっていくこと

です。

図解すると、こんな感じです。

まだまだ「治そう」という気持ちになっていない段階とは、そもそも「大玉ころがし」を開始していない段階です。

開始していないのですから、回復も開始できないわけです。
では、どうやったら「大玉ころがし」を開始して、摂食障害の回復を開始できるか?ですが、摂食障害のご本人様がやる気になっていない時は、ご家族から変わっていきましょう(摂食障害の家族相談

摂食障害の回復:どうして時間がかかるの?

摂食障害の回復に時間がかかる理由はたくさんあります。

・発症してすぐに治療を開始していないから
・回復が良くなったり悪くなったりを繰り返しているから
・回復そのものが大変だから・・・etc.

上記の通り、回復とは「上り坂」なのです。

一旦、回復が始まっても、途中でやめてしまうと、ゼロにもどってしまいます。。。
ちょうど、坂を転げ落ちるように、回復も戻ってしまうのです。

上り坂だからこそ、ゆっくりしか進まないですし、進むことに大変なエネルギーが必要なのです。

それが「回復にはエネルギーが必要」という意味です。

摂食障害の回復:どうしてすぐぶり返すの?

摂食障害がぶり返しをしやすい理由

・治療の途中でやめてしまうから
・「働き方」「生き方」を変えずに、体重だけ・症状だけで「回復」と勘違いするから
・安定した状態まで「待てない」から。

症状ゼロになっても気を抜かず、安定こそ大事なのです!
私自身も何度もぶり返しをしてきたので、こうした考え方にたどり着きました。
それが摂食障害の卒業という考え方です。

摂食障害の回復:ただしい「治り方」をもっと知りたい方へ

当オフィスでは、摂食障害の回復にはご家族の正しい理解が大切だと考えます。
毎月、お母様を対象とした摂食障害セミナーを開催しています。

まずは、摂食障害を「学ぶ」ことから始めてみませんか?

受付中です!
摂食障害セミナーの詳細はこちら

*当日のご都合が合わない方は「動画参加」も可能になりました!