食に甘えを捨てて、自ら変えていくことが必要?

2020/05/28修正

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

摂食障害は心の病気。

このブログで繰り返し書いていることなので、
「言葉として」「知識として」分かっている方は
多いかもしれません。

でも、実際は、
目先の食ばかりに振り回されてしまったり
食と心を切り離して考えてしまう方がとても多いようです。

今回のご質問をご紹介します。

*ブログ回答は、私の個人的な経験とカウンセリング方針に基づいています。
*全ての方に当てはまるとは限りませんので、予めご了承ください。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

心を整理できてきたにも関わらず、食生活を変化させることを難しく感じます。

やはり、食に対しては甘えを捨てて、少し怖いものに挑戦したり、自ら変えていくことが必要なのでしょうか?

まだ、何カロリー以上はどうしても怖くて買えないとか、何時にならないと怖いという想いがあります。

ご質問をありがとうございます。

================

1.「挑戦したい、変えたい」って思えますか?

2.「カロリーが怖い」と言い換えると・・

3.「ありのまま」って何だろう?

================


1.「挑戦したい、変えたい」って思えますか?

今、食生活を変えなければ・・・
もっと頑張ってイロイロ挑戦しないと・・・

そんなふうに思っていませんか?

私は、「変えたい」と思う時が、
変わる時だと思っています。

無理やり挑戦することも、
「無理やり」が「やりたい」ことなのなら、
やってもOKですし、

「無理やり」では上手くいかないこを経験することも、
とても大切なことですが・・

実際に変わるのは、
「変わりたい」とふと沸く時だと思っています。

以前のブログ記事にも書いていますが、
「卵が食べられるようになった日」というのは、
ホントに、ふと「沸いた」のです。

ふと、食べてみようかなぁと思った。
ふと、卵焼きを作ってみた。
ふと、お皿に盛って食べてみた。

そしたら、フツーだった。

食べることに緊張することもなく、
食べている時に怖くなることもなく
食べた後に、罪悪感に襲われることもなく、

フツー。

「挑戦しなければ!」という気負いから、
「挑戦してみようかなぁ」に変わっていくこと。

それは、何度も何度も、「無理やりやってみた後」かもしれないし、
全然違うことに取り組んだ後なのかもしれません。


2.「カロリーが怖い」と言い換えると・・

カロリーが怖い。
◯キロカロリーに抑えなくちゃ。

こうした気持ちのウラを考えているでしょうか?

ホントは分かっているはずです。

カロリーがあなたを襲ってくるわけでもないし、
ちょっとカロリーオーバーしても、急に太るわけではないことを。

でも、

カロリーが高いことが
イケナイコトのような気がして

カロリーが少ないほうが
身体にイイ気がしてしまう。。。

でも、ホントは何を怖がっているのでしょうか?

カロリーって、人間があとからつけて数値にすぎません。
自然界に食べものが存在して、
人間があとから、栄養素を分析したり、カロリーという数値を決めたり。。。

あなたにとって、
カロリーって、どんな意味なんでしょうか?

きっと、「怖いもの」は、別にあるはずなんです。

決められたものを守る安心感と
決められ続けて溜まり溜まったイヤな気持ち。

自分で決めなくていいラクさと、
自力で決めることが出来なくなってしまった自分。

こうした、一見、矛盾したような2つの気持ちが、
あなたの中に渦巻いて
あなたの心で悲鳴を挙げているのではないでしょうか?

だから、立ち止まっていきましょう。

カロリーが嫌!という前に
ホントに嫌なものに気付くチカラ

カロリーが怖い!という前に、
ホントに恐れているコトに気付く勇気。

今、あなたは、カロリーに【言い替え】ばかりしていませんか?

3.「ありのまま」って何だろう?

上記の内容と重なりますが・・・
決まったカロリーや
決まった食事時間は、
ある意味、安心かもしれません。

けれど・・

あなたの心と身体の「ありのまま」を
あなたが受け入れている状態と言えるでしょうか?

毎日、天候がちがうように、
毎日、心身の調子がちがうはずなのです。

それなのに、
同じカロリーと同じ食事内容・時間は、
ホントに「ありのまま」を受け入れている状態でしょうか?

一方で、心の中では、こう叫んでいるのかもしれません。

私のありのままを受け入れて!
もっと愛して!
こっち向いて!

そうやって、「ありのまま」を受け入れてもらいたいのに、
あなた自身は、「ありのまま」を受け入れることが出来ないんですよね^^;;

周りに求めることもOKです。
でも、周りに求めるよりも先に、
あなた自身が、実践していくこともラクになる近道です。

あなたが、あなたのありのままを受け入れる時、
あなたは、あなたに優しくなれます。

あなたが、あなたのありのままを信じられるようになる時、
あなたから、周りの人を信頼できるようになるのかもしれません。

カロリーだけでは見えない心があるから、
体重の回復だけで治ったと言えないのです。