過食せずに拒食をどう克服すればいい?

2020/05/28修正

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

一旦食べ始めたら、過食になっちゃうんじゃないか・・。

過食になるくらいなら、治らなくていい
過食だけは絶対イヤ!

food-1076586_640
こうした気持ちがとても強いことがあります。
拒食だけの時期、私も同じような気持ちで
「過食になる恐怖」で固まっていました。

今回のご質問をご紹介します。

*ブログ回答は、私の個人的な経験とカウンセリング方針に基づいています。
*全ての方に当てはまるとは限りませんので、予めご了承ください。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

私は過去に摂食障害になった事があり、過食してしまった経験がある為怖くて、
過食しないように拒食をどう克服すれば良いか分からないまま悩んでいます。

家族特に母に迷惑・心配かけているのが辛くて、
一緒に美味しいご飯が食べたいのに食べられない自分が情けなくてしんどいです。

ご質問をありがとうございます。

今回も以下の3つから考えていきましょう。

===================

1.ホントの気持ちに正直に

2.「過食になりたくない」が引き起こすもの

3.拒食・過食は、『結果』でしかありません

=========================

1.ホントの気持ちに正直に

今、ちゃんと言えていますか?
今、ちゃんと話していますか?
今、ちゃんと気持ちに向き合っていますか?

短い文章の中でも、書いてくださったように、
「一緒に美味しいご飯が食べたい」という気持ち。

ちゃんとあるんですよね^^

だから、大丈夫。
今のあなたは、その大切な気持ちに気付いているのだから。

「一緒に食べたい」と言っていますか?
「美味しいご飯が食べたい」と伝えていますか?

今すぐ出来なくてもいいけれど、
今の気持ちをそのまま伝えていきませんか?

「だったら食べれば!?」という言葉が返ってきそうで怖い。
「どうして食べないの!?」と怒られそうで怖い。

怖いから、言えない・・・でしょうか?

それでも、ぶつかってみて欲しいと思っています。
家族なのだから。

思っているけれど出来ない葛藤
出来ない自分を責める気持ち

そうした気持ちこそ、言葉で話してみてほしいのです。

怒られても
「知らない!」って言われても
泣き叫んでも

それでも家族なのだから。
lines-754134_640
ドロドロしても
ドタバタしても
ぐちゃぐちゃになっても

それでも家族なのだから。

それでいいじゃないですか。

今、あなたは家族に気持ちを伝えていますか?

2.「過食になりたくない」が引き起こすもの

過食になるのが怖い。

これは、過食真っ最中以外の人が
抱いている気持ちかもしれません。

私も、拒食真っ最中の時、診察室で「過食になりたくない」「過食になるのが怖い」と
言っていたことを覚えています。

主治医からは、

「タガが外れて過食になるか、(拒食のまま)倒れるかどっちかだ」と言われました。

今思えば、そうした極論しか言われないから、
ますます過食が怖くなる・・・という悪循環だったように思いますが(汗)。

結局、猛烈な過食になり、
過食嘔吐にもなり、
その後、心の落ち着きと共にどちらも治まっていく・・・という経過をたどっていますが、

今の私は、過食にもなってよかったと思っています。

コントロールを失う自分を知ることが出来たから。
そして、「痩せ」も「食事制限」も失った中でも、
生きていくしかないことを知ったから。

ストレートに言えば、
過食になりたくない気持ちこそ、過食を引き起こしてしまうのです。

過食になりたくないという気持ちで、
今、多くの食事制限をしていることと思います。
その制限から来るストレスが、結果として過食を引き起こしてしまうのではないでしょうか?

また、「なりたくない」というのは
否定でネガティブなイメージが沸いてしまうので、
過食=ダメという思い込みが強化されてしまうのではないでしょうか?

大事なのは、安心すること。

過食になっても大丈夫。
過食は悪いことじゃない。

繰り返し、繰り返し
自分に言い聞かせていきましょう。

特に母親カウンセリングでは、
過食に対するお母様の気持ちを確認しています。

すると、
「食べたいなら食べてもいい」
「好きなものを食べればいい」
「どれだけ食べてもいい」

こんな言葉で、あっさりと回答されるお母様方がいらっしゃいます。
実際、そんなお母様方の娘さんたちは、過食がひどくならない傾向がありますし、
いつの間にか、過食が消えていくようです。

だから、大丈夫。

過食になっても大丈夫。

3.拒食・過食は、『結果』でしかありません

繰り返し繰り返し書いていますが・・・
摂食障害は心の病気です。

心が治ったのに、拒食・過食が治らないということはありません。

毎日楽しく生きて
やりたいことをやって
言いたいこと言っている人が
食・体重に悩むはずがないと思いませんか?

なので、
結果だけをみても
結果だけを変えようとしても
無理なのです。

何が、太ることを極端に拒んでいるのか。
何が、変わることを恐れているのか。
なぜ、体型が全てという考え方になっているのか。。。

今、こうした心と向き合っていますか?

食事だけ
体重だけの話をしていくのは、ある意味ラクなことかもしれません。

でも、本当の回復を望むなら、こうした助けが必要なのです。