母がすべての基準 過食したら負け

2020/05/28修正

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

人と比べてしまう。。。

これは、生きている以上、
仕方のないことかもしれません。
marguerite-1331797_640
けれど、いつもいつも気になって仕方がなかったり、
自分が本当にどうしたいのか分からなくなってしまうと、
あなた自身がどんどん追い込まれていくかもしれません。

摂食障害に悩んでいる方の場合、
その矛先が、目の前のご家族に向けられる場合がとても多いです。

けれど、そこには食だけではなく、
心の問題やこれまでの親子関係が大きく絡んでいることを
忘れないでほしいと思っています。

今回のご質問をご紹介します。

*ブログ回答は、私の個人的な経験とカウンセリング方針に基づいています。
*全ての方に当てはまるとは限りませんので、予めご了承ください。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

時たま母親と分ける菓子パンの袋を開けたり、
少し味見したりすると食べ過ぎたり止まらなくなってしまう事があります。

こんな我慢する毎日よりいっそ過食してしまった方がラクだ、とも思います。

でも、毎日、母親と食べる量を比べコントロールしてきたのに、
過食になるほど食べてしまったら負けてしまうという考えが強く、
少しだけでも食べる量を増やすのが許せません。

もはや母親が全ての基準です。

中村さんはそこまで母親の食べる量等が、
気になったことはありますか!?

他の摂食障害の方も母親の食べる量に振り回される方が多いのでしょうか!?

ご質問をありがとうございます。

まず、私の場合ですが、
母の食べる量と比べることはありませんでした。

私が拒食の時も過食の時も、
母が私に食べさせることも
過食を止めようとすることも
一切ありませんでした。

言葉の上でも、です。

「食べろ」と言われたこともないですし、
「食べるのをやめろ」と言われたこともないです。

ここに、「食にノータッチ」の考え方の源があるのです。

ですが「食にノータッチ」を、心からできないお母様方や、
食以外に「振り回されてきた」と感じているご本人たちは、
相手をコントロールしたくてたまらないみたいです。

実際、とても多いようです。

以下の3つから考えていきます。

==========================

1.ガマンよりも大切なこと

2.食以外の母親基準は?

3.自分の人生を生きる覚悟

=======================

1.ガマンよりも大切なこと

ガマンして、我慢して、がまんして。。。

何を手に入れましたか?

必死に食べるのを我慢しているのに、なぜか体重が増えていったり
必死に食べたいものを我慢して、イライラが止まらなくなったり
必死で制限している隣で、好きなように食べてる人を見るとムカついたり、、、

本当の意味でいえば、
これは、食の問題ではありません。

ヘラヘラしながら、言いたいこと言いながらも
周りに愛されている人がうらやましくてたまらなくなったり
必死に働いたり勉強しているとなりで、遊んでいる人が成功を手に入れていたり

まわりの人から感じることはありませんか?
そして、あなた自身は、「むくわれない生き方」を、感じていませんか?

ガマンではなく、

あなたは、やりたいことをやってもいい。
あなたは、もっと言いたいことを言ってもいい。

そんな自由を、あなた自身に「許可」していきませんか?

本当は、食の問題ではないのですから、
変わるためには、食以外から始めていきましょう。

2.食以外の母親基準は?

今、「食」という問題が大きく出ていると思いますが、
本当は、食以外にもお母様の基準で選んできていませんか?

習い事の選び方
塾に行くかどうか
進学先を決める時
選択科目を決める時
どのお友達と遊ぶか・・・etc.

摂食障害カウンセリングを通して感じるのは、
とても幼い頃から、ご両親の意向にそって進んできている方々です。
mothers-day-337941_640 (1)
もちろん、今から過去に戻ることはできません。
けれど、あなた自身で、その時々の気持ちを振り返り、
言葉にしていくことは出来るのではないでしょうか?

ホントは、塾に行きたくなかった。
ホントは、もっと遊びたかった。
ホントは、別の学校に行きたかったのに。。。

今、口に出すことで、
親子喧嘩が始まることがあるかもしれません。

でも、別にいいじゃないですか。
親子なんだから^^

お互いに気付いていない感情と向き合い
泥沼を経験しても、親子関係を作り直すことは可能なのです。

まずは、あなた自身が、過去の選択を思い出し、
その時々の気持ちを振り返っていきましょう。

3.自分の人生を生きる覚悟

過去を振り返る作業をすると、
ほぼ必ず出る言葉があります。

「摂食障害になったのは、お母さんのせい!」
「何もかも、お母さんが悪い!」
「私の時間を返して!私の人生をめちゃくちゃにした!」

私は、そう思う気持ちがあってもイイと思っています。
そういうふうにしか思えないのですから、
それが、今の心の状態なのです。

同時に、「覚悟」がまだ出来上がっていない状態とも言えます。

まわりの大人たちの言う通りに生きてきた時、
いろんな窮屈さを感じながらも、
どこか安心で、安全で、確実だったのではないでしょうか?

お母様を基準にして生きることを辞める時、
あなた自身が、自分の人生をいきていく覚悟が必要なのです。

サポートは借りてもいい
相談してもいい
甘えてもいい

けれど、最後の最後は、ちゃんとあなた自身で選んでいく。

どんな決断も
どんな選択も

今、その覚悟ができていますか?
覚悟、お母様にも必要です。