「仕方がない!」で体重もうまくいく

2020/05/28修正

日曜日の朝・・・大変失礼いたしました(><)
次回のメルマガを予約投稿していたはずが・・・その直後に配信してしまいました。

設定ミスです。

即、謝罪のメルマガを流そうと思いましたが、何度もイレギュラーにお届けするのは、さらに迷惑。。。

すごーく凹みましたが、なぜか「返信」をたくさん頂きました。

結果・・・

「仕方がない!!」と開き直ったら、心が元気になりました(笑)。

こうした、「仕方がない!」って、【拒食の回復期】、1番役に立った考え方なんです。

大学院に復学した頃、毎朝、チェックすることがありました。

最寄りの駅の公衆電話。
そのガラスで、自分の足をチェック。

「細い!」

綿パンを履いた足。
上着から出ている足。

それを見て、「細い!」と確認。

そんな確認ができると、なぜか安心していました。

けれど、段々、予想以上に体重が増えていき、止まらなくなりました。

公衆電話のガラスにうつる自分。
それさえも、ものすごく「イヤなもの」になっていきました。

ずーーーっと「イヤな気分」を続けながら、
もやもや、もやもや・・・。

ずーーーーっと「痩せないといけない」と思いながら、
痩せることが出来ずイライラ・・・。

そんな日々を繰り返し、いつ頃からか、身につけていきました。

「仕方がない!」
そうやって、少しずつ「開き直ること」が出来るようになりました。

理想通りの体重・体型でなくても、「仕方がない!」。

◆「仕方がない!」と思えるようになった理由

友達です。

元気だった高校時代、ややポッチャリしていました。
でも、私の中では、生まれて初めて「学校って、たのしい!」と思えた時期でした。

小・中学校時代は、ものすごくいじめられていたからです。
学校行事なんて、世の中から無くなればいいのに・・・と思っていたほどでした。

けれど、「ややポッチャリ」だった時期、たくさんの友達がいました。

何もかも話せて
どうでもいい話で爆笑して

笑いすぎて、腹筋が痛い・・・(笑)。

そんな楽しい高校生活を共にした友人たちは、摂食障害になってもずっと友達でした。

だから、理想体重じゃなくても、「仕方がない!」と思えたんです。

◆「仕方がない!」と思ってから手に入れたもの

それは、「やる気」です。

体重だけにとらわれていた時期、ホント無気力でした。
正確にいうなら、「体重にこだわること」に全エネルギーを費やしていました。

だから、「仕方がない!」と思えるようになってから、エネルギーが他に使えるようになったのです。

自分に「合う仕事」を冷静に考え始めたのも
自分が「たのしい」と思えることに素直になっていったのも

ちょうど、体重が「仕方がない!」と思えるようになった時期と重なりました。

・・・

だから、お伝えしたいのです。

理想の体重・体型を「仕方がない!」って思えると、全てがラクになります。

開き直るから、肥満になるわけではありません。
(私は1度も、肥満になっていないです)

すこーしずつ、「仕方がない!」と思うことを許していきませんか?

私は、こちらで、あなた自身がそう思えるようになるお手伝いしていきたいなぁと思っています。