摂食障害の治り方は【1対1】

2020/05/28修正

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

3月のある日、
いつもの鍼灸に行っていました。

摂食障害の頃から通っている鍼灸に、
今も心身のメンテナンスのために、月1回通っています^^

今回の悩みは、便秘。。。

摂食障害の頃と比べてば、劇的に改善しているものの、
3月はかなり悩まされていました。

腹筋したり
歩いたり
ヨーグルト食べたり
果物食べたり
野菜食べたり
オイルを増やしたり
温めたり
朝の白湯を時間かけて飲んだり

思いつく限りの手をつくし
いろんな方法をネット検索しましたが

あんまり改善されないまま
鍼灸の日を迎えました。

そこで指摘されたのが、【背中のコリ】。

右肩が上がっている

 ↓

反対側(左)の背中が凝っている

 ↓

腰も固くなり

 ↓

胃腸の周りの筋肉が固まり

 ↓

胃腸を締め付けているのと同じ

 ↓

だから、胃腸の動きが悪くなる

 ↓

便秘

スゴイ。。。。

ここまで説明を受けて、
ホント納得しました。

そして、上記の一般的な便秘に効く方法をやっても、
改善していかなかった理由がハッキリしました。

これが、【1対1】だから出来ることなのです。

・・・

摂食障害の治り方も同じです。

どんなに多くの本を読んでも
どんなに沢山の摂食障害の人と語り合っても

【今のあなた】に合っている方法は、
【1対1】での関わりの中でしか、分かり得ないことなのです。

これまでどんな状況だったのか・・・

摂食障害になる前の学校生活は?
摂食障害の診断前に感じていた不調は?
摂食障害と知った時、どんな気持ちだった?

摂食障害になって1番イヤだったことは?
摂食障害の自分って、どう思う?
摂食障害を、周りにどう伝えている?

回復に向かって・・・

治るために、何をやってきた?
治ろうとした時、上手くいったことは?
回復を感じたのは、どんな時?

治ったら、何がしたい?
着たい洋服とか、ある?
治ったとき、どこに住んでいるんだろう?
何のために、治るの?
治らないままで生きているメリットは?

カウンセリングでは、
繰り返し繰り返し、様々な質問を投げかけ、
クライアント様に考えてもらっています。

決して、完ぺきな正解があるわけではありません。
その時々で、考え方が変わってもいいと思っています。

【1対1】のかかわりだからこそ、
あなただけの治り方を見つけ出し
あなたの人生を共に描いていけるのです。