拒食過食がない=働ける身体、ではありません。「働き方」を相談していますか?

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

摂食障害の回復が急に止まっていませんか?

このままいけば、◯月の入学に間に合うと思っていたのに。。。
このまま回復していけば、体重変動も少なくて済むのに。。。
このまま過食嘔吐がなければ、もう大丈夫と思っていたのに。。。

急に食べられなくなる。
急に食べるのが怖くなる。
急に、連日過食嘔吐に戻ってしまう。

どうして???

そんなタイミングこそ、
「摂食障害の症状以外」をぜひ考えてみてほしいのです。

摂食障害の回復は、大体3段階あると考えます。

摂食障害の回復3段階

(1)身体がキケンな段階

(2)身体だけが回復する段階

(3)拒食・過食の症状がない段階

これを低体重の拒食を例に考えると・・・

(1)痩せすぎの段階

(2)体重が回復した段階

(3)毎日3食食べられる・自発的な生理も回復した段階

痩せすぎの状態で、命のキケンがあれば、病院で強制的な治療も仕方がないことです。
体重だけが回復して心がついていかないこともあります。
体重も食事も、大体OKになっても、心もそれほど荒れなくても、そこで回復が急にストップしてしまったり、逆戻りしてしまうことがあります。

なぜなら・・・
「食べられる」「生理がある」は、フツーの体になっただけです。

フツーの体になったからといって、「働く」が自動的に出来るようになるわけではありません。

さらに、どうやったら拒食を克服できるか?ばかりに視点が向いていると、「フツーの体になった後、どうやって仕事していきていくか?」を見落としがちです。

つまり・・・

拒食・過食の症状がないことと、社会の中で働くことは、バラバラに存在するのです。

バラバラに存在して、拒食・過食の症状がないことが、自動的に「働くこと」につながってはいません。さらに、「症状」だけに注目してると、勘違いが起こりやすいです。

・症状が無くなることがスゴイことだと勘違いしやすい
・症状がなくなることを、ゴールだと勘違いしやすい。
・頑張って治ったのだから、治ったことを誉めてもらえると勘違いしやすい。
・症状が無くなれば、「自分に合う仕事」が自然に見つかると勘違いしてしまう・・・

繰り返しになりますが・・・症状がないことは、「働くことができる」とイコールではありません!

だからこそ、「働き方」。どれくらい回復が進んだら、どれくらいの仕事なら適切なのか。摂食障害の「気質」で気を付けること、相性がイイ仕事とは何か、摂食障害の「気質」があるからこそ出来ること・出来ないこと、陥りやすい心理状態・・・etc.

摂食障害の回復と「働き方」をつなげていくこと。これが、社会復帰のために、とてもとても大切なことなのです。

私がご提供している摂食障害専門カウンセリングは、「回復」と「働き方」をつなげる役割だと感じています。

週◯日なら、働けそう?
時給◯円として、月いくらになる?
ひとり暮らししたいなら、家賃、ケータイ代、服代、メイク代・・1つ1つ計算してみたら月いくらになる?
アルバイトに行く前に、必要な体力とは?
体力は何の仕事のために、どれくらい必要?

摂食障害専門カウンセリングでは、そんな事細かなやり取りを、繰り返し繰り返し行っていくのです。

摂食障害の激しい症状がないからこそ、
「働く」を話し合うことできます。

「働き方」とは、「生き方」。
「生き方」は、「食べ方」に通じます。

単なる回復ではなく、社会の中で活躍できる「人材」として成長していくこと。
そんなサポートをご提供することが、摂食障害専門カウンセリングの役割なのです。