パンはカロリーが高いから太るの?

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

パンは、カロリーが高い。
過食防止のためには、パンよりご飯。
ご飯のほうが、身体にいい。

いろーーーんなことを言われていますよね?!

でも、ホント!??と疑ってみてください。

パンのほうが、いつもいつも高カロリーでしょうか?
ご飯を食べていたら、過食に走らないのでしょうか?

*先日のマルシェにて購入したベーグル。

パンとご飯。
パンと過食。

経験談とともにお届けします^^

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

過食が起きるかどうか、決めるもの

摂食障害について、いろんな意見がありますが・・・経験者の私からすると「?」と思える情報がほとんどです。

過食が起きるかどうかは、食べ物では決まりません。
拒食から過食になるかどうかは、性格では決まりません。
過食になる食べ物・ならない食べ物と、判別できるものではありません。

では、過食が起きるかどうかは、なにが決めるのか?

それは、やっぱり心です。

昨日・今日のイライラではなく、
今日・明日への不安だけでもなく、

「生きる」ということへの大きな不安感。
「生きている」ということへの罪悪感。

そんな大きな心の悩みが、過食の根っこにあるのではないでしょうか?

主治医からご飯を勧められて、過食になった経験談

「ご飯はふとらないから、ご飯を食べなさい」

何度言われてきたことでしょうか?
当時、精神科クリニックと併用して通院していた内科にて、言われていた言葉です。

パンよりご飯。
甘いものよりご飯。
お腹が空いたらご飯。

いつもいつもいつもいつも、「ご飯を食べなさい」。

過食衝動が、ホントにつらかった私は、その言葉を鵜呑みにしてしまいました。

おやつにおにぎり。
夕飯が足りなければ、さらにご飯。

そして、、、、

ご飯を過食するようになってしまいました(涙)。

鵜呑みにしてしまった結果、「ご飯ご飯ご飯・・・」という言葉が、心身に染みついてしまったのです。

ぜったいに、ご飯を過食するなんて思えなかったのに、過食してしまう自分。
本当にゾッとしました。

今のマイルール:ご飯もパンも仲良しです(笑)

パン、大好きです。
ご飯も、大好きです。
パスタも、大好きです。

先日のインスタに載せましたが・・・レンジのレシピ本を購入してから、パスタの頻度もぐっと増えました!

摂食障害が治った後に思うこと。
それは、

・太らない食べ物なんてない。
・太る食べ物もない。

どれもこれも、ただの「食べ物」。

そして、

・食べたらいけないと思って食べること
・偏った食べ方をすること

これらが、心身にとって良くないことだと思っています。

一応ですが、「偏らないようにする」ことは意識しているので、1日1回はご飯(米)を摂るようにはしています。

マイル‐ルは、それだけです(笑)。

それだけですが、

拒食から体重増加して、顔がすっごく浮腫んでいたころよりもマシな見た目になりました。
制限ばかりしていた時期よりも、ずっと自由に食べていても、体重はずーっと安定しています。
カロリー計算なんてずっとやっていないですが、太ることも痩せることも、ほとんどないみたいです。

それが、治るということ。

摂食障害が治っていく過程の中で、いろんな葛藤があります。

スムーズに治っていく人よりも、

・摂食障害を治そうとすること自体がイヤになったり
・アドバイスについて反発心が沸いたり
・誰も分かってくれないと思ったり
・回復してきたと思ったら、急に逆戻りしたり
・回復なんてどうでもいいと思ってしまったり・・・etc.

いろんな時期があって、誰もが何度も投げ出したい想いにかられるものです。

でも、そこが「ふんばり所」です!

その時期は、
ちゃんと周りに頼ってください。
ちゃんと話してください。
1番ダメなのは、逃げることです。

頼って、
泣いて泣いて泣きはらして、
ダメダメな自分をさらけ出して、
これ以上ないくらい落ち込んで・・・

そんな経験こそ、次に立ち上がるエネルギーを運んできてくれるのです^^

食べることも、心も自由になる!
摂食障害専門カウンセリング、受付中です!