パン好きが教える!小麦粉は太る?グルテンフリー?

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

今回は、ちょっとゆるいネタです(笑)。
パンの話・ベーグルの話です^^

そして、よくある疑問に、パン好きの私からの回答です。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

「小麦粉は太る」よりも、食べ方です


*ある日の朝ごはん^^

小麦粉がダメと言われると、
白米もダメと言われやすい。

何もかも「白いもの」がダメで
黒いもの身体にイイ食べ物・・・と思われがちです。

でも、黒ければいいのかってホントでしょうか?

私は、小麦粉そのものが、人を太らせることは無いと思っています。
でも、食べ方と思い込みによって、あなたを太らせると思っています。

NGな食べ方例

・過食
・過食嘔吐
・パンだけの食事

NGな思い込み

・小麦は太る
・食べたら太る

上記は、どれも当たり前のことではないでしょうか?
OKな食べ方・思い込みは、そのまま逆のことですよね。

OKな食べ方例

・過食しない
・過食嘔吐もしない
・パンだけではなく、他のモノも一緒に食べる

OKな思い込み

・美味しいと思って食べる
・食べることはたのしい。

理由は・・・

パンは美味しいから(笑)。


*再び、大人買いした冷凍ベーグルの1つ。

あぁ、おいしい。。。

もっちり!
ギュッ!

ベーグル写真を見るだけで、また食べたくなります(笑)。

ベーグルって、まるっとした形もかわいいよね(笑)。

グルテンフリーは無視しています。

パン教室時代、グルテンに大変お世話になりました(笑)。

手でこねる教室だったので、コネが大事!
コネのでき次第で、パンのできがかなり左右されました。

そのため、コネが充分にできたかどうかをチェックする作業がありました。

それが、グルテン膜。

この膜がピンと張れて、透けるくらい薄く伸ばしてもやぶれない。

これが、コネ完了の証拠、としていました。

この経験があるので、グルテンという言葉を悪者にできないと思っています(笑)。

食べ物に良い・悪いってないですよね。
あるのは、あなたの気持ち次第。

食べ物のせいにするのはやめよう。
何をたべたら太らないのか?を考える前に、今苦しんでいる心をちゃんとみてあげよう。

今、苦しんでいる心は、本音本心でなんて言っていますか?
摂食障害の本音