【大学病院】「摂食障害が治ってから来てください」と言われた実話

カウンセラー中村綾子です。

メルマガ読者様からのご質問への回答を書いているうちに・・・
昔のことを思い出しましたので、こちらを先にブログ記事にします。

・・・・・・・・・・・・・

「摂食障害と●●」は、今も募集中です。
気になる食べものとお名前を書いて、メルマガにご返信ください★
メルマガはこちら。

・・・・・・・・・・・・・・

今回ご紹介したいお話は、決して病院批判ではなく、単なる実話です。
そして、今から振り返ると、当時とはちがう気持ちが沸いていることを、後半に記載したいと思っています。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

摂食障害時代、総合診療科に行ってみた

頭痛
倦怠感

指一本も触れず、診察室に入って5分も経たないくらいで、その先生が言った言葉です。
「摂食障害が治ってから来てください」

摂食障害であれば、いろんな不調が出て当たり前。
もし摂食障害が治っても、不調があったら、その時に受診するように。

そんな意味でした。

もう、大混乱でしたね。。。

ココは、大学病院。
テレビでも取り上げられる総合診療科。

病気だから、病院に行っているのに。

「治ってから来てください」

摂食障害といった途端、この対応なんだ・・・

そんな気持ちになりましたね。

今だから言えること

その先生の言葉を振り返って思うことは、

ベストな治療だった

です。

最善の治療だったのです。

指一本も触れず
何の検査もせず
短時間で
診察を終えたのは

最善の選択であり、それが治療だったのだと思います。

理由は、

身体は食べることで出来ているから。

当たり前すぎるのですが、食べることが上手くいっていない間は、いろんなところに不調が出ても当たり前。
当たり前だと分かっているから、わざわざ余分な検査をする必要なし。

そんな当たり前だけど誰も教えてくれなかったことを、一気に教えてくれた診察だったのではないか・・・と今なら思えます。

こちらの記事もオススメです。
栄養不足で運動しても痩せない。運動より体重。運動より栄養。