「特別」をあきらめる勇気

2020/05/28修正

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

痩せていたい
太るのが怖い
太りたくない

こうした摂食障害の心の背景には、いろいろな感情があります。

痩せた身体でいたいという気持ちの中に、
自分は特別な存在と思いたい気持ち

もしくは、

かつて特別だった自分に
「さよなら」が出来なくて

失った「何か」を埋め合わせるために、
特別であり続けたいのかもしれません。

かつて特別だった人は・・・

とても頭脳明晰だったり
スポーツ万能だったり
有名な企業に就職したり

でも、それらを何らかの事情で「特別」を失った時、
別のもので、「特別」を見いだそうとしてしまう。

そうした別のモノが、摂食障害の「痩せ」ではないでしょうか?

また、痩せ以外にも「ハマる」現象が起こるのです。

やみくもに勉強したり
働き過ぎに働いたり
運動し続けたり

特別でありたい欲求と
特別でいなければいけないという強迫的な考え

この2つが同時にからみあって、
ますます「特別」を求めてしまう。

けれど、本当は・・・

8月11日(火)、こちらのメルマガでお届けします。
ご登録しておまちくださいね。