カウンセリングで回復する理由③行きたくない・受けたくない時

カウンセリングを受ければ、すぐにラクになれるの?
話を聴いてもらうと、過食したい気持ちが無くなるの?
摂食障害って、途中で上手くいかなくなった時、どうしたらいいの?

そんなギモンにお応えしていきます!

・・・・・

こんにちは。
カウンセラー中村綾子です。

摂食障害の回復が難しいと言われますが・・・「中身が見えないこと」がその原因の1つかもしれません。

「中身」とは、

・悩みの中身
・回復の中身
・変化の中身・・・etc.

です。

私自身も、摂食障害時代、なかなか前に進んでいる実感がない時、同じような摂食障害の人が、同じように立ち止まったり、上手くいかなくなったり、通院を辞めたくなったりしたとき、どんなふうに過ごしているのか・・・そんな「中身」が知りたくてたまりませんでした。

今、カウンセラーとして沢山のクライアント様にお会いしていますが、こうした「中身」をお伝えしていくことも、1つの使命ではないかと思っています。

さらに、クライアント様が、とても素晴らしい回復を遂げ、卒業されていくたびに、「カウンセリングを通して変化していく心の中身」をより分かりやすく伝えていく必要性を感じています。

そこで、当オフィスのカウンセリングで、摂食障害が回復していく理由を3回に分けてお届けしています。

第1回目・2回目は、以下をクリックしてご覧ください。
カウンセリングで回復する理由①家で取り組むことが分かる
カウンセリングで回復する理由②振り返りシートの活用

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

摂食障害の回復の道のりとは

カウンセリングで回復といっても、みーんな上がったり下がったりジグザグを描きながら、回復に向けて歩んでいきます。

大抵は、こんな流れです。

(1)開始時:気分向上。ワクワク~。これで治るかも。

(2)変化時:「変わったね」と周りから言われ始める

(3)停滞期:イイ感じだと思ったのに・・・

(4)悶々期:なんだかなぁ~、カウンセリング行っているけどなぁ、自分は治らないのかなぁ。。。

*大抵の場合、(3)(4)を行ったり来たりして長引いてしまう人ほど、これらの時期が長いと言えます。

(5)スイッチが入る時期:ホント治らないとヤバイ!!!

(6)急上昇:一気にかけあがるような回復

(7)揺れ戻し時期:もう少しで治ると思ったのに!なんで!?

*さらに(6)(7)を繰り返す

(8)落ち着き始める時期:焦りすぎはやっぱりダメだと気づく時期

(9)安定・卒業に近づく:そろそろ卒業時期を考えようか、という話をカウンセリングで始める時期

(10)祝・卒業:安定の半年を見守って、今後の対策もして、そしてドキドキの卒業

いろんなクライアント様とのカウンセリングを思い浮かべながら、こんな回復の道のりを書いてみました。

ブログの便宜上、数字を振りましたがやはり個人差は大きいですし、行ったり来たりするものです。

みんな経験!カウンセリングが嫌になる時期

当然、

・カウンセリングに行きたくない(今はZOOMですが・・・)
・久々に過食しちゃったことを報告したくない
・またアノ話するのか・・・

という時が、必ずあります。

上記の回復の道のりで言えば、

最初の行き詰まりの

(3)停滞期:イイ感じだと思ったのに・・・
(4)悶々期:なんだかなぁ~、カウンセリング行っているけどなぁ、自分は治らないのかなぁ。。。

という時期と、

(6)急上昇:一気にかけあがるような回復
(7)揺れ戻し時期:もう少しで治ると思ったのに!なんで!?

「上がったから下がる」という時期です。
この言葉、私はカウンセリングでよく使います(笑)。

そういう時こそ、回復の分かれ道です。

どれだけ、カウンセリングで正直にありのままに、自分の感情をさらけ出せるか。

それがカウンセリングで回復に向かうかどうかの分かれ道です。

自分の心を変えることは、大変なことです。
これまで信じてきたことを、あえて辞めたり。
これまで信じてきたことが、実は間違っていたことを認めるしかなかったり。

イヤな世界に、わざわざ飛び込んだり。

変わることへの不安と
変わることへの恐怖と
変わることへの焦り。

いろんな感情があるからこそ、カウンセリングで言われるひとこと一言が気に障り、傷つけられたように感じる時期があるものです。

そうした感情があること。
そうした時期があること。
そして、それらが回復には「通るべき道」であること。

私は摂食障害の経験者として、カウンセラーとして、知っています。

揺れ動く感情にさらされる時、カウンセリングが嫌になることと思います。
変わろうとしても変われない自分への怒りは、目の前のカウンセラーに対して沸いてくることも多々あると思います。

それでもいいのです。

私は、カウンセラーとして、そうした感情を引き受ける覚悟があるから。

治るには、そうした相手が必要なのです。

生活しながら、摂食障害が回復するということ

私は、命が今すぐキケンという場合を除いて、摂食障害はカウンセリングで回復できるものだと思っています。

そのためには、自分で自分を律するということ。
これが、ホントに大切になっていきます。

それが出来るかどうかは、そのまま治るかどうかにつながります。

強制力の高い入院と違い、カウンセリングとは、とても自由なものだと言えます。

自分で予約して、自分で用意して、自分で受講する、という「自分で」がたくさん必要だからです。

・入院とちがって、だれも監視していません。
・保険適応の病院とちがって、カウンセリング代は安くありません。
・カウンセリングは「話すだけ」なので、隠す・ウソをつくことは、やろうと思えばいくらでもできます。

こうした、自由度が高いからこそ、「自分で」どこまで真剣に取り組むかどうかが、問われているのです。

自由度が高いからこそ、「イヤになった時」に、回復のほうを選ぶことが出来たのなら、それだけで回復につながっていくのです。

・・・

以上、3回に分けて「摂食障害がカウンセリングで回復する理由」をお届けしました。

これまでのカウンセリングで、摂食障害が回復しなかった方。
治るために、一体何から取りくめばいいのか分からない方。

ぜひ、一緒に卒業を目指していきましょう。

まずは1度、単発でお話していみませんか?