【摂食障害】ご家族が、「過食してもいいよ」と言っていませんか?

・摂食障害の娘になんて言ったらいいか分からない
・病院では「過食は止めてはいけない」って言われたけど、ホントなの?
・家の中に食べモノを置いておくのは、辞めたほうがいい?

摂食障害のお嬢様を持つご家族は、こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

こんにちは。
カウンセラー中村綾子です。

私は、拒食・過食・過食嘔吐を経験し、約7年の摂食障害歴を得て克服した経験者カウンセラーです。

ご家族の接し方、とても多くのご相談をいただいています(単発相談はこちら)。
けれど・・・経験者の私からみれば、「????」と思うことも多々あります。

考えるポイントは以下の3つです。
くわしくは、次回のメルマガで動画配信しております。
メルマガへの無料登録はこちらです。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

ポイント1:拒食症も過食症も同じ

過食症に悩む方の多くは、拒食症から始まっているのではないでしょうか?

「過食に変わった!」と思うよりも、「見た目の症状が変わっただけ」と捉えていきましょう。

見た目の症状に振り回されないことが、何よりも大切なのですから。

ポイント2:他の依存症だったら?と置き換えて考えてみる

私がよく使うたとえ話として、アルコール依存症があります。

過食症は、食への依存ですよね?
身体にダメージが出ても、食べることを辞められない。
お金がかかっても、食べ物を買い続けてしまう。
これは、生活を犠牲にしているという意味で、食への依存です。

だからこそ、他の依存症に置き換えて考えることが有効です。
アルコール依存症に置き換えて考えてみると、自ずと「ご家族の接し方」が見えてくるはずです。

・アルコール依存症の方に、「ツライなら飲んでもいいよ」と言いますか?
・アルコールで身体がボロボロなのに、「アルコールを欲しているなら」と言いますか?
・アルコール依存症の方に、「今は、お酒が必要なんだよ」と言いますか?

こういう問に置き換えると、ほぼ全てのご家族が正解できます。
それを、過食症のお嬢様にも適応するだけなのです。
接し方はシンプル。ホントはとてもシンプルです。
それなのに、色々と取り違えていませんか?

ポイント3:そもそも、摂食障害って何の病気?に立ち返る

コレ、ホント重要です!
理由は、1番重要なことを見失うから、いろんな情報を鵜呑みにしてしまうのです。

摂食障害とは、心の病気です。

ダイエットの病気ではありません。
脳の病気でもありません。
食の病気でもありません。

心の病気です。

摂食障害の経験者であり、いろんなクライアント様とお会いしてきた立場からお伝えするなら、ナゾの情報を鵜呑みにして、元々の摂食障害がこじれてしまう人がとても多くいらっしゃいます。

だからこそ、私は摂食障害の正しい情報と正しい治り方をお伝えしたいのです。

詳しくは次回の動画(1/16土曜日20時配信)でお話しています。
動画は、メルマガ限定公開です。
無料メルマガへのご登録は、こちらからお待ちしております。