【ひとり起業】価格競争で闘わない・疲弊しない

女性のひとり起業をサポートしています!
無料メルマガはこちら

こんにちは。
カウンセラー中村綾子です。

私は2013年に名古屋カウンセリング・オフィスを起業しました。
8年目の現在に至るまで、いろんなことで悩んできました。

今回のテーマである価格についても、悩みつつ、コンサルを受けつつ、でも迷いつつ・・・考えてきたところが大きいです。
ひとり起業を続けていく中で、自分の核となる考え方は、だんだん形になってきたと感じています。

・これから起業を考えている方
・起業したけれど上手くいかない方
・好きな仕事で起業したはずなのに楽しくなくなっている方

などにお読みいただけると嬉しいです。
無料メルマガはこちら

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

ひとり起業:価格の考え方

コレ、すごく大事です。
でも、勘違いしていませんか?

・同業者の相場を考えてしまう
・「高いと思われない値段にしよう」と思ってしまう
・「気軽に試してほしいからこのくらいで」と考えてしまう

というのはNGです。

私は、ひとり起業の価格を決める際に大事にしているのは、「疲弊しないで続けられること」です。

例えば、月売上100万円と目標設定した場合

A:価格1000円の商品なら、1000個売る必要があります。
B:価格100万円の商品なら、1個売る必要があります。

どちらが「疲弊しない」でしょうか?

上記は、あえて極論を出しました。
でも、多くのひとり起業で陥りやすいのは、Aのやり方です。

安く設定して、たくさん売らないといけない。
たくさん売るために、広く知ってもらわないといけない。
広く知ってもらうために、付き合いたくない人と付き合ったり、興味のない交流会に無理やり参加したり・・・・

好きで始めた起業という働き方。
好きで始めた「やりたい仕事」。

低価格の設定によって、いつの間にか「自分を疲弊させる働き方」になってしまうのです。

ひとり起業で大切なのは、

好きで始めた仕事を、好きで居続けられること

です。

価格の決め方は、「疲弊しない働き方」の大事な要素の1つです。

ひとり起業:比べない考え方

価格について、悩みやすい理由は比べてしまうことです。

カウンセリングの場合、一般的な病院の診察代と比べてしまうと、「こんな価格にして、お申込みはいただけるんだろうか?」と怖くなってしまうかもしれません。(私も起業当初は、そんなドキドキのスタートでした)。

保険診療であれば、1回1000円~2000円だと思います。
当オフィスのカウンセリングは、1万円以上です。

価格を比べると、約10倍!

それだけを見ている人にとっては、「高い!」としか思えない価格ですよね。

でも、もしあなたが「女性のひとり起業」を目指しているのなら、コレも考えないといけないことです。

比べない

保険診療と当オフィスのカウンセリングは、別モノです。

当オフィスの場合は、

・じっくり1対1で関わります。
・選び・選ばれる関係です。

この2つ、すごく大事な考え方です。

じっくり1対1というのは、

・治療者側の転職がない
・治療者交代がない
・1回50分(単発は60分)
・時間に始まって時間に終わる(ムダな待ち時間がない)
・生い立ちを含め、これまでの経過を踏まえた上でアドバイスができる(継続コースの場合)
・卒業という1つのゴールに向かって進めている(継続コースの場合)・・・etc.

挙げればキリがないほど、「じっくり1対1」の関わり方です。

さらに、選び・選ばれる関係とは、病院などと大きく異なることです。

紹介状があっても、どんな先生か分からないまま受診することが多いのではないでしょうか?
これが、相談する立場からは「選べない」状態ですよね。

治療者側(勤務している医師・カウンセラー)も、お越しになった相談者さまをそのままお引き受けする場合がほとんどだと思います。

ある意味、自動的・強制的です。

ココが、当オフィスのカウンセリングとは大きく違うところです。

・クライアント様が、このブログを見つけてくださって、他と比較しながら「申込みしよう」という選ぶ作業があります。
・当オフィスのカウンセリングでは、独自のカウンセリング受付基準を設けて選ばせていただくことを大切にしています。

こうした両方が「選び・選ばれる関係」なのです。

価格設定については、ひとり起業で悩みやすいところです。
次回のメルマガ(4/11)では、このテーマを改めて深堀してお伝えしたいと思っています。

女性のひとり起業で食べていく方法をもっと知りたい方は、こちらからご登録ください。
*無料メルマガです!