過食のおぞましい記憶から解放されるコツ

2020/05/28修正

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

イヤな記憶
恐ろしい記憶

それが、他人から受けた出来事であっても
なかなか消えないですが・・・

もし、自分自身が行ったことだとすると
記憶がこびりついてしまうのも無理ないことかもしれません。
autumn-507550_640
今回のご質問をご紹介します。

*ブログ回答は、私の個人的な経験とカウンセリング方針に基づいています。
*全ての方に当てはまるとは限りませんので、予めご了承ください。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

過食してたときのおぞましい記憶が蘇ることがあり、
もう二度とあんな思いはしたくないです。

自分が自分じゃなくなる恐怖、
死んでしまいたいと思ってしまう恐怖、
友人や家族に迷惑ばっかりかけている自分が嫌いになること・・・

こういったネガティブな思いから解放するにはどうしたらいいでしょうか??

ご質問をありがとうございます。

これ、私も本当によくありました。

「また過食しちゃうんじゃないか」
「また、あんなふうに目の色変えて詰め込んだらどうしよう?」

そんな恐怖が、実際の過食よりも大きかったです。

今回は、以下の3つから考えていきます。

====================

1.実績を積み上げていくこと

2.言い聞かせること

3.食べても太らない身体を作ること

======================

1.実績を積み上げていくこと

私も、本当に本当に苦しみました。
「過食」以上に、「過食になる不安」に。

事実、心療内科の主治医にこう言われていました。

「先週も、同じこと言っていたよね」
「過食したいんじゃなくて、過食になるのが不安なんだよね?」

週1回通院して、毎回毎回、私は言っていました。

「過食しそうで怖い」

次の診察で、主治医から

「過食しなかったね」と言われる。

この繰り返しでした。
繰り返しを続けることで、
私自身も「過食していない自分」を確認していきました。

これが、回復の実績になるのではないでしょうか?

「過食しそう」だけど、「過食しなかった」
「過食になりそうだった」、でも、「過食にはならなかった」

この繰り返しによって
過食していない自分を確認し、
過食しないで生きている自分を認めていくこと。

それが、「おぞましい記憶」から自分を解放していく
1つの方法ではないでしょうか?

2.言い聞かせること

これは、いろんな場面でとても効果のあることです。

深呼吸しながら、
自分で自分に言い聞かせること。

やり方をごくカンタンに説明すると

(1)不安が出ていくイメージで息を長く吐く
(2)吐き切る
(3)『大丈夫』『リラックス出来ている』など、
短く安心できる言葉を言いきかせながら、息を吸う

この(1)~(3)をじっくりゆっくり繰り返してみてください。
1回や2回やっても何も効果は感じられないと思います。
何十回でも、何百回でも、長期間にわたり続けていくことが大事です。

スーーーっと吐いて
全部吐いて
不安がぜーーんぶ、外に出るイメージです^^

美味しい、キレイな空気が身体いっぱいに
入っていくイメージを持ちながら、
「だいじょうぶ」と言い聞かせていきましょう^^

coastline-801831_640
だいじょうぶ、おぞましい記憶から自由になれるから。
だいじょうぶ、今と過去は違うのだから。
だいじょうぶ、あなたは1人じゃないから。

何度も何度も繰り返してみてください。
きっと落ち着いてくるはずですから^^

3.食べても太らない身体を作ること

食べる量が気になったり
減らすことが辞められない理由の1つは、

「太るのが怖い」ですよね。

もちろん、心理的な理由が根っこにはあります。
心理的理由を解決・改善していくことは、必要です。

同時に、身体への直接アプローチをしていくことも
「今、出来ること」ではないでしょうか?

摂食障害を続けた身体は、
「ちょっと食べると、すぐ太る状態」になっているかもしれません。

一生懸命カロリー計算して
制限して食べているのに
すぐ太ってしまう。。。

そんな状態から抜け出す方法があります。

それは、食べる事を避けるのではなく、
食べることに向かっていく姿勢です。

食べることは生きること

食べることに積極的に向かっていくことは、
生きることに積極的になることにもつながります。

今、自分の人生を生きていますか?
今、何のために生きているのか、ハッキリと言えますか?

コレの見直し、忘れていませんか?