ちゃんと食べても満たされません

2020/05/28修正

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

食べても食べても
止まらない

食べても食べても
満足しない

食べても食べても・・・
coffee-102969_640
何がいけないのか
もっとガマンしないといけないのか・・・

そんなことが頭の中をグルグルしていませんか?

*ブログ回答は、私の個人的な経験とカウンセリング方針に基づいています。
*全ての方に当てはまるとは限りませんので、予めご了承ください。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

ちゃんと栄養を摂っている(家族と同じ食事)のに、満足感、満腹感、エネルギーを得られません。

それどころか、低血糖になったり、
次に来る空腹感に対する恐怖で胃がずっと緊張していたり、という状態で、
さらにイライラが募るばかりで毎日が辛いです。

私は、「食べ始めたら、身体が満たされて、その幸せを感じられる。
どんどん食べることに前向きになれる」と思っていたのですが、違いました

「食べても満たされた感がない」という身体の症状も心が治れば、治るのでしょうか?

ご質問をありがとうございます。

======================

1.「同じ食事」が、「あなたに合う食事」ですか?

2.「食べれば治る」は摂食障害最大のカン違い

3.「満たされない」を認める・許す心

======================

1.「同じ食事」が、「あなたに合う食事」ですか?

これも勘違いが多いですが・・・
「同じ」なら、イイですか?
「同じ食事」が、「正しい食事」ですか?

当たり前のことですが・・・
食べ盛りの子と
高齢者の方が必要とする栄養素は異なりますよね。

だとしたら、
今のご両親と同じ栄養素が、
今のあなたにとって必要な栄養素を満たしているでしょうか?

ただし、これは食事そのものを見てみないと分からないことです。
「同じものをたべていればOK」カンタンに言いきれるものではありません。

だからこそ、栄養は栄養の専門家のアドバイスを受けてみてくださいね。
私のカウンセリングにお越しになっている方には、
こちらの管理栄養士さんとの連携を行っています。

2.「食べれば治る」は摂食障害最大のカン違い

ご質問をくださった方は、すでにお気づきのようですが・・・

「食べれば治る」というカン違いは、
とても多く広まっているみたいです。

食べれば治るのなら、心の病気ではありません。
食べれば治るのなら、どんどん食べてどんどん治っていくはずです。
食べれば治るのなら、入院すれば100%治るはずです。

心の病気なのだから、
心の回復が必須なのです。

心の病気なのに、
休むことも否定し
向き合うことも避けてしまうと、
ずーーっとしんどい状態ばかりが続いていますのです。

まずは、「気づき」を大切にしてほしいと思っています。

3.「満たされない」を認める・許す心

食べても満たされない。

これを認めていますか?

食べているはずなのに
低血糖になってしまうこと。

空腹への恐怖が沸くこと。
胃が緊張してしまうこと。

きっと、健康体の人には
経験したことのない状態だと思います。

満たされる「食べ方」をしていますか?
「足りない」と訴える心と体の声を受け取っていますか?
「もっと食べたい」と思った時、素直に行動できていますか?

もちろん、「1」でも書きました通り、
栄養素を見直すことは必須です。

けれど、栄養素が満たされたことを確認できた上でも
満たされないのなら、

「食べ方」
「食に対する気持ち」
「食べることの意味」・・・

など、気持ちに面で取り組む課題が見えてきそうですよね^^

よくあるのが、
食べることの否定です。

常に、
「食べちゃいけない」
「太っちゃいけない」

こうした言葉が、ずーっと頭の中をグルグル回っている状態です。

でも、いつも頭から離れないから、
いつも食のことを考えて、ますますイライラしてしまうんですよね。

摂食障害だった頃の私は、自分自身に対して、ずーっとこう思っていました。

「私は、『食べる』に値しない人間だ」

理由は分かりません。
直接、そう言われたことはありません。

けれど、とても根強く思い続けていました。。。

だから、「食べる=ダメ」でした。

少食でいられる自分がイイと思い込んでいました。
「もっと食べたい」という気持ちが沸いても、
抑え込んでいました。

たくさん食べることは、
もっと罪悪感が大きいことでした。

「食べたい」と「食べちゃいけない」という2つの気持ちが
いつもいつもケンカして

「食べたい」のに、「食べちゃいけない」という気持ちが勝って、

そんな状態が何年も続いた時、
自分がホントに食べたいのか・食べたくないのか
何が食べたいのか・・・

分からなくなりました。

私の回復は、食べたい自分を許す、ことでした。

食べたい自分を許す、とは、
食だけの意味ではありませんでした。

ありのままの欲求に
気付き、受け入れ、そのままに生きることでした。

それは、
フツーに就職して
フツーに結婚して・・・という生き方を辞めることでもありました。

食べることは、生き方に通じるのです。