「楽しかった?」と毎回聞いていませんか?

2020/05/28修正

名古屋市・刈谷市
拒食症の母娘が笑顔になるカウンセリング
中村綾子です。

今でも母とケンカします。
かなり頻繁に。

それでも、摂食障害真っ最中の頃よりは、ずーーーっと減りました。

その過程の中で、母が意識的に減らした言葉があります。

「楽しかった?」です。

帰宅すると、すぐに聞かれていました。
それがすごくイヤでした。

なぜなら、いつもいつも「たのしい」では無かったからです。

久々の外出で疲れた時も。

期待外れのお店だった時も。

思うように食べれなかった時も。

食べる量が少な過ぎて、震えがきている時も。

いろんな『時』があったのです。

それでも、「たのしかった?」と聞かれてしまう。
それが、苦痛で苦痛でたまりませんでした。

母と何度もぶつかり
何度もケンカし
何度も話し合い・・・。

聞かない、という結論に至りました。

その代りの言葉は・・・・

「おかえり」

ただ、それだけです。

それだけしか聞かれないから、ラク。

話したい時は、話す。
話したくない時は、話さない。

イマイチだったことを聞いてほしい時は、ありのままに。
疲れて早く寝たい時は、「もう寝る・・・」。

当たり前の言葉かもしれません。
でも、これらは、「楽しかった?」の後には決して言えなかった言葉です。

「楽しかった?」という質問

 ↓

「お母さんは、『楽しかった』と言ってほしいんだろうな」

 ↓

「『楽しかった』と言わなくちゃいけない」
「お母さんに、期待外れの答をしたらいけない」

 ↓

「うん、楽しかった!」と答えてしまう・・・etc.

自分がどう感じているか、分からなくなる1つの要因かもしれません。

楽しいと感じるか・感じないか。
それは、一人ひとり違います。

その時のコンディションでも、「感じ方」が変わります。

母娘関係の「接し方」をもう1度見直していきませんか?