摂食障害が悪化!?ご家族が振り返る3つのポイント


摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

「娘への接し方を変えたら、急に悪化したかも!?」

そんな声、実はとてもよくあります。

ご家族としては、ショックですよね。。。

いいと思ったのに。
イイと聞いてきたのに。
どーして、こうなるのよ!?

そんな気持ちにもなってしまいますよね。。。

でも、対策・振り返るポイントがあります。
ぜひぜひ、メモしてください。


◆摂食障害が悪化!?の時に振り返る3つのポイント◆

・接し方を変えることに、ご家族が心から納得していましたか?

・ブレない自信、ありますか?

・接し方を変える時の3ステップ

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

接し方を変えることに、ご家族が心から納得していましたか?

いろんな本を読んだり
いろんな講演会に行ったり
ママ友から聞いたり

接し方について、いろいろな情報を仕入れていることと思います。

「イイ!」と思ったことを取り入れるのはOKですが、ソレに心から納得できていますか?

そして、今の摂食障害のお嬢様に、ホントに合っていますか?

納得していないと、受け売りになってしまいます。
特に、「子育て」「反抗期」など、一般向けの情報は摂食障害の場合と異なることがありますので、要注意です。

ブレない自信、ありますか?

接し方を変える時、当然、お嬢様から反発の態度・症状が起こる可能性があります。

自信ありますか?

母親カウンセリングの際、こうした言葉で問いかけると、よくこんな言葉が返ってきます。

「え?私ですか?」

(笑)。

摂食障害のお嬢様については、「もっと自信をもって!」と一生懸命お伝えしているお母様方が多いです。

でも、お母様自身については、「え?私?自信なんて、そんな。。。」みたいな(笑)。

別に何もかもに、自信たっぷりになる必要はありません。
でも、「接し方を変える時」に、新しい接し方を貫くための自信は必要なことなのです。

続きは、12月17日(火)20時メールマガジンからお届けします。
メールマガジンへのご登録は、こちらからお待ちしております!
無料です^^